子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

行政への働きかけについて(要望書)

陳情、要望書の提出に向かって
いつも東葛地域の放射線情報を教えていただいている「柏ママの放射線だより」ですが今後は「柏の子どもたちを放射能汚染から守る会」の公式サイトがベースになるとの事です。(ただし「放射線だより」から従来のコンテンツがなくなるという事ではないようです。)
柏まもる会

同会のHPにある東葛地区のコミュニティへのリンクを紹介しておきます。
こども東葛ネット
東葛ガイガー会
松戸の未来を取り戻す会
流山の子どもたちに放射線対策をすすめる会

柏をはじめ多くのコミュニティが行政に対して放射能対策を求める陳情、要望書の提出を行っています。千葉県内のその他の地域としては(Web上の情報はありませんが)市川市で市民による自主測定や要望書(署名活動)など活発な活動が行われています。
東京新聞 学校への放射線対策強化求める 市川市民ら市長に
さらに9月議会へ請願書の提出を目指して署名活動も行われているようです。

千葉市については共産党千葉市議団が5月20日に市に要望書を提出しています。また民主党市議団も7/6に独自に要望書を出していますが、この会へ寄せられるメールの多くにありますが当事者である父兄の方たちが声を上げにくい状況があり、一人ひとりの思いが孤立化しているのが現状です。

「こどもをまもる会in千葉」では陳情、要望書の9月議会提出を目指して行政への聞き取り、千葉県や千葉市の放射能対策の現状を調査しています。様々な情報や、ご意見、御要望、御協力をいただける方からの御連絡をお待ちしております。また個人や団体で要望書を出したいという方への情報の提供や出来る範囲でのお手伝いも行っていくつもりです。本日開催した勉強会の内容については追って報告いたします。
(長谷川弘美)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/92-96a8748b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。