子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

花見川区の土壌測定データー

6月11日追記
@tsokdba さんに感謝です。
上記の園庭、畑地のデーター(Bq/m2 65倍換算値)から空間線量を求めてみました。

畑地  60890Bq/m2÷282000=0.21μSv/h
園庭  87958Bq/m2÷282000=0.31μSv/h

上で述べたようにサンプルの採取方法により換算値は20~150までの幅があります2回仮定が入っていますのであくまでも参考値です。ただし、そうした条件さえ理解すれば空間線量はわかっているが土壌のデーターがない(Cs137換算)ときに参考になると思います。

第16回原子力委員会定例会議
配布資料 土壌汚染問題とその対応(PDF:2,268 KB)
Cs137soukan.jpg


学習会についてのエントリでもふれましたが花園町在住のMさんが自費で畑地と保育園園庭の土壌について分析を依頼したデーターを持参してくださいました。
測定日 5月24日(実測値)
場所セシウム全体セシウム134セシウム137
   Bq/kg       Bq/kg     Bq/kg
畑地(土)    1296.465      359.63    936.78
園庭(砂)    1881.1       527.904   1353.2

Bq/kg(ベクレル/キログラム)をBq/m2(ベクレル/平方メートル)に換算するには係数を掛ければよいのですが、サンプルの採取方法によって20倍から150倍まで諸説あるので、とりあえず文科省(原子力安全委員会)が推奨?する65で計算してみました。(追記:文科省方式は表土5cmを採取 →50倍~65倍 農水省方式は表土から15cm採取 →150倍)
65倍換算値
場所セシウム全体セシウム137
   Bq/m2    Bq/m2
畑地(土)      84,270    60,890
園庭(砂)     122,271    87,958
この値は計算過程で仮定が入っていますので単独で判断できないので他のデーターと比較してみます。(オリジナルは下記リンクを参照してください)
土壌調査をまとめてみた:広域での体内被曝検診を求めます 
土壌測定

千葉市内だと天台駅付近と実測データーはほぼ同じで、都内の測定結果と比較してセシウム137相当で5万ベクレル超として問題になった(財)日本分析センター(山王町)の値が異常に高いわけでないと考えられます
都内では亀戸の値が飛びぬけていますが東電福島原発から200kim以上離れた地域でも放射能の影響は同心円的ではないことがわかります。
単位の意味(ベクレルとシーベルト)などについては別の記事で触れたいと思います。

参考資料:
福島県飯舘村のセシウム137による土壌汚染レベルの推定 今中哲二 (美浜の会より)
チェルノブイリ事故で強制退去区に指定された汚染濃度の地域に、今でも人が住み続けている

測定データー
花見川実測データー


関連記事

Comment

体内被曝検診なんていうものが可能なんですね。
思いもしませんでした。
これはぜひ、集団検診に組み込んでもらいたいもの。
でも、ちゃんと分かるのだろうか?
2011.06.15 21:29 | URL | チバリー ウラン #- [edit]
体内被曝について
コメントありがとうございます。色々心配ですね。
いつか記事にするつもりですが、前提として
1.77万テラベクレルといわれる放射性物質はほとんどが3月15日から約1週間の間に放出されたと見ていますが、その影響についてSPEEDYのデータも含め一部しか知らされていない。
2.ボディホールカウンタは万能ではない。
3.原爆症のときの様に、こども達が将来就職、進学、結婚で差別を受けないよな厳重な情報管理が必要。あと、こどもたちにフィイルムバッチ(線量計)をもたせる、というのはどこか根本的におかしいような気がします。
なるほど、差別と言う問題が出てくる可能性もあるのですね。何をやるでも簡単じゃないですが、(もう言うも空しいが)国は国民の命と生活を守ることを目的に機能して欲しいです)
先ほど見たニュースで「ルポライターの鎌田慧さんや音楽家の坂本龍一さんらが呼びかけ人となり、国に「脱原発」への政策転換を求める1千万人の署名運動が始まった」というのを読みました。
1000万人の署名ということからして、この問題がただ事じゃないと分かりますが、署名が求める「原発の新規計画中止と既存原発の計画的廃炉や、自然エネルギーを中心に据えた政策転換」など、ごく当たり前と思えることに1000万もの署名を集めねばならない世界に無力感を感じます。

「脱原発」求め1千万人署名開始 鎌田慧さんら呼びかけ(2011年6月16日11時55分)
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106160166.html
2011.06.16 12:21 | URL | チバリー ウラン #- [edit]
サマーキャンプ
コメントありがとうございます。
チェルノブイリ救援活動で面識のある菅野先生(現松本市長)が福島のこどもたちをサマーキャンプに招待する計画を表明されています。
「かけはし」や個人単位(北海道ニセコ町にいる知人が同じように南相馬町の知人と連絡をとり同じようなサマーキャンプができないか話し合っているようです。)また、動きがあればブログで紹介します。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/9-ddd59bfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。