子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(26)大洗アクアワールド周辺の追加測定

前回につづき、2014年4月にHSFで測定した茨城県大洗町の那珂川河川敷(水辺プラザ)に隣接する大洗アクアワールド(水族館)周辺の追加測定を行いました。(前回の測定については以下のリンクをご参照下さい)

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(12) 大洗町「県立こどもの城」・水辺プラザ周辺

今回の測定範囲の全体を下図に示します。(図版は表示の都合で北を画面右に統計回りで90度回転してあります)
大洗AM_00
マップは2014年と今回とも測定高さ50cm、連続歩行のデーターの5秒毎の平均値をマーカー位置に表示しているなど条件は同一です。
一部測定箇所がラップしているためGoogleEarth用のKMZファイルでは2014年(通常の逆ドロップ型)、2015年(四角)とマーカーを使い分けています。(以下のリンクから利用可能です)
 2015年11月16日_大洗AW周辺.kmz

GFT版マップについてはマーカーの使い分けや複数レイヤー使用が出来ないためラップしていますがご容赦ください。
HSFによる大洗アクアワールド周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる大洗アクアワールド周辺の放射線量マップ を見る


①水辺プラザ(那珂川河川敷)周辺

大洗AM_01
最も線量の高い遊歩道脇松林の2014年、2015年の測定結果を比較してみました。
大洗am_2014-2015
1年半経過したためかわずかに低下していますが、Cs134 の2半減期が経過した今後は人為的な除染が行われないかぎり周辺線量の大幅な低下は期待できないと思われます。

②大洗水族館駐車場向かいの松林
大洗AM_02
前回の考察をなぞりますが、高線量の原因となっている松林の局所的な強い汚染は事故当時のプルームの流入方向と関連があるのではないかと考えています。

なお、今回の測定箇所の動画ファイルも作成しましたのでご参照下さい。



〈関連記事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(11) 大洗町海洋博物館周辺
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(12) 大洗町「県立こどもの城」・水辺プラザ周辺
大洗町で採取した松葉と山菜(こごみ、つくし)の放射能濃度を測定しました
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(13 ) ひたちなか市平磯海浜公園
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/819-21e68c5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。