子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる柏市大津川(手賀沼)周辺の放射線量マップ(5)大津川左岸6号雨水幹線周辺(その1)

タイトルが入れ子的に長くなっていますが、2回に分けて宮下橋付近で大津川に合流する6号雨水幹線付周辺のHSF測定結果を紹介する予定です。
これまで「支流」と呼んできましたが正しくは「大津川左岸6号雨水幹線」で準用河川ですらありませんでした。
下図に作成した流域図(GoogleMap)を示しますが、大津川に流入している雨水幹線がのうち6号幹線は最長のものではないでしょうか。(赤四角がこれまでの調査範囲、オレンジは今回分)
ohtsugawazone.jpg
1回目は合流点から逆井運動場までの範囲ですが、河川の名称や逆井運動場周辺については以下のサイトの情報を参照させていただきました。

鎌ヶ谷散歩 鎌ケ谷の大師堂(13) 柏市逆井北東部を歩く

以下全体図と測定箇所の詳細です。
OS-00.jpg
測定条件はHSF検出器を地表50cmの高さに固定し歩行しながら放射線量を測定、記録した5秒間の平均値をマップ上に表示しています。連続測定の他に任意のポイントで静止し5cm、 50cm、100cmでの15秒間の平均値も測定した「平均値マップ」に今回分を追記しました。(フレーム右上の□アイコンをクリックすると拡大表示しま す)

GoogleEarth用のKMZファイルやGoogleFusionTables版次回分とまとめて作成しますので今しばらくお待ち下さい。

①大津川合流点付近
OS-05.jpg
大津川側から見た合流点付近
水辺との高低差、傾斜が大きく取り付くシマがありません。
IMG_2439.jpg

②介護施設周辺
OS-04.jpg
上画像の青い屋根(介護施設の対岸 護岸は砂質で崩落防止のため木杭と板で山留めされていますが、水辺にかろうじて立ち入れるスペースがあります。
IMG_2433.jpg
同箇所水辺、それなりのセシウムの沈着が確認されました。
5cm:0.36μSv/h 50cm:0.27μSv/h 100cm;0.19μSv/h
IMG_2431.jpg

③介護施設~逆井運動場
OS-02.jpg
写真右奥は介護施設 この辺は傾斜が緩やかで水辺に近づくことができました。
IMG_2425A.jpg
上写真赤丸の箇所 セシウムの沈着を確認
5cm:0.26μSv/h 50cm:0.21μSv/h 100cm;0.17μSv/h
IMG_2428.jpg

④逆井運動場周辺 
OS-01B.jpg
運動場脇の護岸はフェンスが張り巡らされ施錠されているので近づけず、上流側に向かうには大きく迂回しなければなりません。
IMG_2420.jpg
河川とは関係ありませんが迂回したおかげで運動場のフェンスに沿って歩道の堆積土によるマイクロスポットを発見しました。隣接して小学校がありますが運動場の利用者は大半が車両を利用し人が通らないため見過ごされて来たのかもしれません。
5cm:0.66μSv/h 50cm:0.35μSv/h 100cm;0.27μSv/h
IMG_2726.jpg
同箇所遠景 写真手前が歩道側
IMG_2727.jpg

次回はさらに上流の逆井調整池~南増尾南部クリーンセンター周辺の結果をまとめます。

〈関連記事〉
HSFによる柏市大津川河口(手賀沼)周辺の放射線量マップ(1)
HSFによる柏市大津川(手賀沼)周辺の放射線量マップ(2)上沼橋-大津ケ丘
HSFによる柏市大津川(手賀沼)周辺の放射線量マップ(3)塚崎、高柳周辺
HSFによる柏市大津川(手賀沼)周辺の放射線量マップ(4)大津川上流(芦川橋以南)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/815-d2271afb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。