子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる柏市大津川(手賀沼)周辺の放射線量マップ(2)上沼橋-大津ケ丘

前回調査したの手賀沼河口から南下して大津川下流域の堰堤、護岸周辺をHSFで測定しました。
「放射線量等分布拡大表示サイト」の図版(平性年9月18日換算のセシウム合計沈着量)に赤のハンチで今回の調査範囲を示します。(ピンクの四角は前回調査範囲)
Rmap_tega01.jpg
以下は今回調査範囲の全体図です。(表示の都合で方位を傾けてあります)
OM_00.jpg
マップに表示している数値は検出器を地表50cmの高さに固定し歩行しながら放射線量を連続して記録した5秒間の平均値です。(連続測定の他に任意のポイントで静止し5cm、50cm、100cmでの15秒間の平均値も測定しています。)
GoogleEarth表示用のKMZファイルとWebブラウザでマップを参照するためのGFT版マップを両方を作成しましたのでご参照下さい。

2015年09月28日_柏市大津川下流域.kmz


HSFによる柏市大津川下流域の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図でHSFによる柏市大津川下流域の放射線量マップを見る

なお、大津ケ丘中央公園および街路は2014年10~11月に測定したものです。
柏市大津ケ丘中央公園のHSF測定と除染について(しらベルブログ)

連続歩行測定のほかに静止して5cm、50cm、100cm高さでの15秒間の平均値を測定した結果をまとめたマップも作成しました。(フレーム右上の□アイコンをクリックすると拡大表示します)

マーカーをクリックするとポイント毎の測定値をバルーンに表示します。(マーカー脇の数値は地表5cm)

以下測定箇所の詳細です。
観光資源?として整備された手賀沼周辺と比べて上沼橋以南、特に右岸側は堰堤上でも草が背の丈ほど繁茂して通行もままなりませんが、左岸の釣り人の踏み跡や流入口付近の斜面を利用して水辺に降りて線量を確認しました。

①上沼橋周辺
kaminumabashi.jpg
国道16号と大津川が交差する上沼橋上から見た大津ケ丘(上流)方向(GoogleStreetViewより借用)
kaminumabashi01.jpg
右岸河川敷と上沼橋橋脚の間に堆積した土壌を採取して放射能濃度を測定しました。
5cm:0.13μSv/h 50cm:0.10μSv/h 100cm:0.09μSv/h
kaminumabashi_201509300637581ea.jpg
結果はセシウム合算で560Bq/kg (134/137存在比≒0.25)
線量率から想定されるとおり、さほど高濃度ではありませんでした。
ohtsugawa_soil.jpg
採取した土壌はほとんど粘土質や有機物を含まない砂質のためセシウムが沈着しなかったか、比較的最近堆積したものかもしれません。

千葉県HP:手賀沼・印旛沼流域における水質・底質の放射性物質モニタリング調査結果(平成27年度1回目)手賀沼流域結果詳細(PDF:196KB)(県の測定では右岸、左岸、中央の3か所で表層3cmの底質を採取)
(画像をクリックすると拡大します)
teganuma_soil.jpg
前回記事で紹介した千葉県による手賀沼の環境モニタリングの結果でも上沼橋付近で採取した底質は1000Bq/kg程度で砂礫、砂の様です。

②中の橋周辺
ot_2.jpg
中の橋上から見た左岸流入口(GoogleStreetViewより借用)
miyanebashi.jpg  
上沼橋付近と同様に流入口付近で堰堤上でも有意に周辺線量の上昇が認められます。
④の中の橋-宮根橋中間左岸の流入口付近(下画像)
OT_3.jpg

③宮根橋(大津ケ丘)周辺OT_4A.jpg
宮根橋上から見た下流(手賀沼)側 GoogleStreetViewより借用)
miyanebashi_20150930084335ac1.jpg
前述のように左岸側の踏み跡を頼りに水辺に降りて測定しましたが、数値は上がるものの放射性降下物の著しい沈着は認められませんでした。ただし河口付近と比較すると堰堤上でも0.12~0.15μSv/hと線量は高めです。

⑤路上堆積土(柏市大井)
OT_7.jpg
河川とは直接関係ありませんが、上沼橋から下流側の右岸が歩行困難なため迂回した際に宮根橋付近(柏市大井)の車道脇で偶然発見したマイクロスポットです。住宅地(山側)から雨水が流れ下る地形が原因ではないかと推定されます。

同じく今回大津ケ丘のバス回転場付近で発見したマイクロスポット
5cm:0.82μSv/h 50cm:0.37μSv/h 100cm:0.24μSv/h
20150928_090303.jpg
数は少なくなっていますが開発度の高い市街地ではまだこうしたスポットが発見される可能性があります。

〈関連記事〉
HSFによる柏市大津川河口(手賀沼)周辺の放射線量マップ(1)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/812-a39fa08c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。