子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる松戸市根木内歴史公園周辺の放射線量マップ

松戸市上富士川に隣接した根木内歴史公園周辺のHSFによる測定結果です。kmzファイルやGFT版マップについては再掲しませんので、前回の記事をご覧ください。

1)根木内歴史公園

根木内歴史公園は上富士川沿い(北東部)の湿地と南西側の丘陵(城址)から構成される比較的大型の公園です。
nekiuchi_00.jpg
湿地部分には木道が設置され自然観察路となっていますが、富士水系とは縁が切れている(湧水?)様で湿地、丘陵の線量は大差ありません。上図左下の草地広場は除染作業が実施されたようで周辺の1/2程度の線量です。

根木内歴史公園を事例とした市民参加による湿地管理システムの構築に関する研究


湿地内の木道
IMG_1889.jpg
(公園といっても児童向けの遊具等は一切ありませんがザリガニ取り用の篠竹や網が常備されていました。)

城址(丘陵)側から見た富士川沿い湿地
IMG_1909_20150622212922bc6.jpg
草地の中央部分にHSF検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルデーターを採取しました。
同箇所 直置き:0.1μSv/h 50cm:0.07μSv/h  100cm:0.06μSv/h 
20150617_113413.jpg
γ線スペクトルを前回の水辺のデーターと比較してみました。
nekiuchi_Spectra2.jpg
上富士川水辺と比較すると自然核種(K40) も少く、直置きで0.1μSv/hと「低線量」ですが半減期2年のCs134のピークが明瞭に確認できます。

2)その他のマイクロスポット

上富士川、根木内歴史公園周辺で歩行中に確認されたマイクロスポットです。
【国道6号下隧道手前の斜面】
IMG_1880.jpg
同箇所HSF画面キャプチャー
5cm:0.27μSv/h 50cm:0.24μSv/h  100cm:0.16μSv/h 
20150617_102120.jpg

【北小金駅南口 駐車場脇歩道】
遊技店の大型駐車場際の苔 駐車場地表5cm≒歩道からの高さ1m弱 1.17μSv/h
IMG_1917.jpg
駐車場に沿って周囲より線量(50㎝)がやや上昇しているのが判ります。
kitakogane.jpg

【根木内 車道脇】
nekiuti.jpg
ピンポイントの様でマップを作成してから気が付きました。下はGoogleStreetViewによる周辺画像ですが、車道脇の堆積土?が線源ではないかと思います。
nekiuch_Gsv.jpg


〈関連記事〉
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(2)流山市)富士川-松戸市北小金駅
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(3)松戸市上富士川
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(1)
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(2)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/802-1b02f7ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。