子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

指定廃棄物最終処分場を考える塩谷町シンポジウムに参加しました。

まもる会ちばのメンバーの鈴木明子さんから14日に栃木県塩谷町で開催された住民シンポジウムに参加したレポートと写真をいただきましたので紹介します。


指定廃棄物最終処分場を考える塩谷町シンポジウムに参加して

14日環境省の栃木県への説明会があり、その時間に合わせて塩谷町民指定廃棄靴最終処分場反対同盟会がシンポジウムが介されると聞き参加しました。

昨年7月30日に塩谷町が候補予定地と決定されると、8月7日には塩谷町民指定廃棄物最終処分場反対同盟会結成。塩谷町役場には、指定廃棄物処理場対策班が設けられ3人の職員が配置されているそうです。(全職員数125名)そして反対同盟会の後援となっているとのこと。
FullSizeRender (12)
車が塩谷町へ入ると、反対旗・看板がずらり。個人宅の軒先にも!
FullSizeRender (10)

シンポジウムは平日の6時半からの開催。1000人規模と聞いてはいたのですが、開場間もなく、人・人・人。みな布団や、簡易椅子をもっている。最終的には1100名ほど参加し、200名ほどは外のスクリーン参加になったそうです。(塩屋町の人口は1万2千人!)
一方環境省の説明会には170名ほどの参加しかなかったそうです。
FullSizeRender (11)
シンポジウムは、しっかりとした知識を持つためのもので、原子力市民委員会座長の吉岡斉さんの講演は、疑問に答えてくれるものでした。

「原子力事故の被害は、他の事故とは異次元の被害をもたらす

「原発復活政策がとられている。達成可能な範囲で、できるだけ多くの原発再稼働の実現を目指している

特措法(放射性物質汚染対策特別措置法)は悪法である汚染者を免責し、国民・住民のみに負担を押し付けるもの」

「国策としていったん決めた方針は、国民や立地地域の住民の意向がどうあれブルドーザーのように突進するように進めていくやり方は、地域の存在を左右するほどの大きな影響を与えかねない」

「福島県外に飛び散った事故廃棄物の早期処理・処分は、放射性廃棄物を隠して見えなくする政府の原発復活政策の重要な要素であり、その処分場受け入れは、原発復活計画への国策協力になる。」

と議論を進めたうえで、
1 塩谷町の白紙撤回という結論は妥当
2 立地場所の決定は、第三者を仲介人とする加害者と被害者との協議にゆだねられるべき。被害者の意志は尊重されるべき。栃木県民は純粋に被害者である。被害者同士がいがみ合ってはいけない。
3 県別処理という基本政策の見直しは必須。国家政策を改めなければ、塩谷町が最終処分場を免れたとしても他の場所で同様のことが繰り返される。塩谷町の抵抗が、国家政策見直しの契機となる。

イヌブナ自然林保護の立場から、宇都宮大学の谷本丈夫さんが、地域全体を守る必要性を発言。
湧水の専門家島野安雄さんは、
地下水は河川とは違う流れをしており、川下だけでなく地図上の南にあたる地域の地下水が汚染される。と警鐘をならしました。
関口鉄夫氏は、作ろうとしている最終処分場は処分量以上の過大施設ではないか、と指摘していました。

農家の1トントラック等で集まったおじさん、おばさんたちが皆さん最後まで熱心に聞いていました。候補予定地の調査が行われないように監視活動を続けながらも、こういうシンポジウムを開き、正確な知識を持っていくことが反対運動をより強固なものにするのだと思いました。
FullSizeRender.jpg
いろいろと千葉市の問題を考えるうえで、参考となる塩谷町でした。
塩谷町と千葉では違い過ぎるような気がするのですが、一丸となって反対していくことができる、何か、を早くみつけなければ。

IMG_1258.jpg
尚仁沢湧水の里、近くまで行ってきました。自然にあふれた、素晴らしいところです。
地域のみなさんが、ここに作らせたくない気と思うのは当然です。(鈴木明子)
関連記事

Comment

知ってます高原山麓も、尚仁沢ハートランドも、4年前から汚染地帯
自然を守ることは、当然なことです。汚染物質は、東電に引き取ってもらうべきです。
さて、今の世の中は怖いです。4年前から、栃木県内の山で、最も汚染のひどいのは、高原山麓です。尚仁沢ハートランド周辺も汚染が高いところです。
しかし、平然と、塩谷役場も、環境省も汚染の実態、被ばくの危険を、隠しています。処分場予定地も同じく汚染されています。怖いのは、処分場建設に際して、スギの林を伐採すれば、木の皮は汚染が高いはずですから、広く拡散することでしょう。さらに、大地を掘り起こすことで、汚染された砂埃が広く飛散することになり、内部被ばくの危険にさらされることになります。
私は、すでに、「なぜ、汚染の実態を隠すのか」ある集まりで、町長にも言いましたし、シンポジウム参加の専門家の数人には、実態を知らせましたが、主催者に雇われエセ専門家なのでしょう。「自然を守る」とは、いい響きですね。
世の中、事実を隠し、現実は、子ども、人々の被ばくの健康の危険などお構いなしで、汚染の実態を隠し、「風評被害」というカネ設け優先の視点にたっています。エセ専門家に送付した、塩谷の汚染についての資料必要ならお送りします。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/795-b6d3f0c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。