子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)

千葉市最終処分場問題が持ち上がり足元に火がついていますが、HSFによる測定は時間の許す範囲で継続していく予定です。
前回の東金町運動場(葛飾区)から北上した三郷市南部の長戸呂運動公園を始点に三郷中央駅(つくばEX)までの歩行測定を行いました。

調査範囲の内、江戸川河川敷については下図の様に分割してGoogleEarthのキャプチャー画像を表示しています。(表示の都合で画面上が東、左が北と画像を回転しています)
misato_0509NN.jpg
①江戸川河川敷(長戸呂運動公園)    画像をクリックすると拡大します
misato_0509-1.jpg
②江戸川河川敷(新和運動公園)     画像をクリックすると拡大します
misato_0509-2.jpg
③江戸川河川敷(新和2丁目付近)      画像をクリックすると拡大します
misato_0509-3.jpg
測定条件は高さ50cmでの連続歩行、5秒毎の平均をマーカー位置に表示しています。
全ての測定値をまとめたGoogleEarth用KMZファイルを作成しましたので以下のリンクからご利用下さい。

2015年05月09日_三郷市三郷中央駅周辺.kmz

ブラウザでマップを参照するには以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧下さい。(マーカーをクリックするとバルーンに数値を表示します。)

大きな地図で三郷市長戸呂運動公園~新和運動公園の放射線量マップを見る

1)長戸呂運動公園
堰堤上から見た江戸川と長戸呂運動公園(右手奥)、名前は大層ですが「Field of Dreams」に出てくるような草野球場です。
IMG_1555.jpg
周辺の河川敷と舗装道路との境界の堆積土ではそれなりの濃縮が生じて周辺線量を押し上げている様に見えます。
IMG_1553.jpg
同箇所HSF画面キャプチャー 5cm:0.25μSv/h  50cm:0.19μSv/h 100cm:0.18μSv/h
20150509_101940.jpg
堰堤のコンクリート法面下で雨水に依る強い濃縮が生じているのは、これまでの荒川、中川での測定結果と同傾向です。
nagatoro_01.jpg
局所的な濃縮がないグランド脇の平坦な草地に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを測定しました。
直置き0.19μSv/h  50cm:0.18μSv/h  100cm:0.17μSv/h
20150509_105317.jpg
HSFの画面だけではわかりにくいので保存されたcsvファイルから同箇所のγ線スペクトルを描画してみました。(片対数表示)自然核種の周辺線量への関与は小さく放射性セシウムの影響が支配的に見えます。
nagatoro_spectra.jpg
なおHSF標準出力フォーマットのCSVファイルを公開しますので興味のある方はご利用下さい。
2015年05月09日.csv
比較のため同箇所周辺の土壌を採取(5cm採取)し放射能濃度を測定しました。
Cs137: 1170 Cs134:330 Cs合計:1500Bq/kg
nagatoro_soil.jpg
やはりトリウム系列など自然核種の明瞭なピークは見当たりません。

2)新和運動公園
長戸呂運動公園と同じ河川敷の野球グランドと草地の広場です。
IMG_1561.jpg
入口付近の草地
5cm:0.34μSv/h  50cm:0.22μSv/h  100cm:0.19μSv/h
IMG_1560.jpg
ちなみに長戸呂運動公園~新和運動公園の間はサンケイスポーツセンターが国交省から専有許可をを受け社会人野球や企業向けイベント会場として運営している有償施設で今回の調査では立ち入りは控えました。
IMG_1567.jpg
新和運動公園(左)との境界にある空き地はサンケイスポーツセンター利用者のための駐車場で、周辺道路で砂利で再舗装されている範囲は線量が周辺より2分の1程度です。
sinwa_01.jpg

3)新和2丁目周辺河川敷
江戸川対岸のライトブルーの水門は国交省松戸排水機場
IMG_1571.jpg
この辺りは堰堤上の舗装道路(サイクリングロード?)を歩きましたが、草地との境界で強い濃縮が認められました。
 sinwa_02.jpg
堰堤上の舗装道路は河川敷側に緩い水勾配がついていること、道幅が狭くなる範囲では低下することから道路幅(面積)の影響が大きいと推定されます。
IMG_1569.jpg
コンクリート法面下の線量も今回範囲のうち最も高い数値となっており河川敷の土壌測定結果と合わせて考えるとが、事故当時の降下量は相当なものだったかもしれません。
5cm:1.25μSv/h  50cm:0.52μSv/h 100cm:0.41μSv/h
IMG_1574.jpg
同箇所遠景 幸いに?荒川、中川とは異なり河川敷自体の面積が大きいので、人が通行したり長時間滞留する場所ではないようです。
IMG_1575.jpg

〈関連記事〉
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(1)葛飾区東金町運動場(水元公園)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(2)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(1)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(2)
HSFによる葛飾区高砂(中川河川敷)周辺の放射線量マップ
HSFによる足立区「荒川千住新橋緑地」の放射線量マップ
HSFによる足立区「荒川日ノ出町緑地」の放射線量マップ
HSFによる江戸川区荒川河川敷(平井大橋)周辺の放射線量マップ
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(2)四ツ木橋緑地
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(1)東白鬚公園
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/793-79e2e86a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。