子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉市花見川区の放射線量測定結果に追加しました

急遽決まったため事前の告知ができなかった事は申しわけありませんが、7月3日に朝日が丘東大グランド脇、花見川サイクリングロード(坊辺田)、長作公民館脇、花見川消防署前、いきいきプラザ周辺などの測定を行いました。
測定結果は会のホームページ(FC2無料サーバー)からダウンロードできる様にしました。
  • 6月20日から7月3日までの測定結果 Excel形式
  •  同         上           html形式 
PCにExcelがインストールされていなくてもExcelファイルの閲覧、印刷ができるExcelViewerを無償でマイクロソフトが配布しています。 またMicroSoftOffice互換のフリーのオフィスソフトLibreOffice を利用することもできます。  データーの閲覧だけならhtml版を利用できます。

花見川、千葉市放射線測定マップも随時更新していますので御参照ください。
 
より大きな地図で 花見川区、千葉市放射線測定マップ を表示

次回はみはる野、こてはし付近を測定する予定ですが、日時が近くになったら改めて告知いたします。

崎山先生の講演会のときにも「千葉市の汚染状態が知りたい」という要望がたくさん寄せられました。千葉市の行った測定は各区3ヶ所程度で全体像の把握にも全く足りません。この問題は改めてまとめますが事故後4ヶ月近くにもなって未だに校庭の真ん中でしか測定(しかも100cm,50cmだけで地表部は「精度が悪い」といって測定しない非科学的な対応)しない自治体の対応は大いに疑問です。

また講演会の折、個人もちの測定器について御質問がありましたが、「測定パーティ」のような仲間を作って複数の装置で同時に測定することもおススメです。私たちの測定にも他市、他区やその地域の住民でなくても測定器を持って参加される方は大いに歓迎いたします。
測定については過去の記事でも書いていますが当ブログでリンクしている くらしと放射能/西船橋測定情報 はとても参考になります。
私たちが1μSv/hの「プチ・スポット」を発見したときもピーク値が表示されるまで30秒位かかりました。(中国製の簡易装置だと5分以上)まず1ヶ所、1ヶ所を時間をかけて測定するのが肝心だと思います。



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/78-ff7796a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。