子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる足立区「荒川日ノ出町緑地」の放射線量マップ

荒川流域の調査の一環として足立区荒川日ノ出町緑地をHSFで測定しマップを作成しました。
これまでの調査地点との位置関係を下図の「放射線量等分布マップ拡大サイト」(平成23年09月18日時点の値に換算 セシウム134/137合計沈着量)の図版に示します。
CsMap_02C.jpg
GoogleEarthのキャプチャー画像は北を画面右に回転し下図のように分割してを表示しています。
hinode_00.jpg

①HSFによる荒川日ノ出町緑地の放射線量マップ画像をクリックすると拡大します
hinode_01.jpg
②HSFによる荒川日ノ出町緑地の放射線量マップ画像をクリックすると拡大します
hinode_02.jpg

③HSFによる荒川日ノ出町緑地の放射線量マップ画像をクリックすると拡大します
hinode_03.jpg
HSFの検出器高さを50cm固定、連続歩行で取得した線量率の5秒毎の平均値をGPSの位置情報により地図のマーカー位置に表示しています。(移動平均5秒)
GoogleEarthでデーターを閲覧する為のKMZファイルを作成しましたので、以下のリンクからご利用下さい。

2015年02月07日_足立区荒川日ノ出町緑地.kmz

GoogleEarthを利用できない方は以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧ください。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します)

HSFによる三郷市・東京都東部(足立、葛飾、江戸川)の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる荒川日ノ出町緑地の放射線量マップ を見る

上のGoogleEarth画面キャプチャー画像(GoogleMapの画像取得日は2014年3月)を見ると①の野球場周辺は現状と同じですが、堀切橋(京成線高架)より以北の②、③についてはグランドの造成、堰堤法面の芝張り替え、道路の舗装など大規模な土木工事が実施された事がわかります。
意図はともかく工事により一定の低減効果があり、①と②③、あるいは堰堤側と護岸側では周辺線量の平均値が異なるようです。
②拡大図 重機によるグランド、法面工事の様子がわかります。
hinode_04.jpg
②サッカー場付近の現在(一部通路等の工事が残っています)
IMG_1217.jpg
①少年野球場付近 おそらく3.11以前のまま
IMG_1205.jpg

1)堀切橋以南
これまでの調査と同じく堰堤法面下の草地で放射性降下物の強い濃縮が確認されました。
少年野球場コンクリート法面下
1214.jpg
同箇所 5cm:0.73μSv/h 50cm:0.41μSv/h 100cm:0.3μSv/h
IMG_1212.jpg
同箇所HSF画面キャプチャー(50cm)
20150207_111724.jpg

コンクリート法面下 右側の高架は堀切橋
IMG_1215.jpg
同箇所HSF画面キャプチャー
5cm:0.33μSv/h 50cm:0.23μSv/h 100cm:0.19μSv/h
20150207_112939.jpg

高架下付近は自然護岸で泥土が堆積していますが、水辺自体は非常に低線量です。
HSF画面キャプチャー 5cm:0.04μSv/h 50cm:0.03μSv/h 100cm:0.03μSv/h
20150207_111116.jpg

2)堀切橋以北
前述のように土木工事により堰堤側は低線量で変化も単調ですが、人手の入っていない?護岸側は堰堤側と比較すると線量が高めの傾向です。
下流側からみた河川敷 水辺には一部灌木やアシが残っています。
IMG_1211.jpg
堤防側の斜面下道路付近は0.04μSv/h(50cm)のポイントが点在しているなど、原発事故前のレベルに近い状態です。
hinode_06.jpg

〈関連記事〉
HSFによる江戸川区荒川河川敷(平井大橋)周辺の放射線量マップ
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(2)四ツ木橋緑地
HSFによる江戸川区大島小松川公園周辺の放射線量マップ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/774-c66efc4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。