子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(2)四ツ木橋緑地

前回の東白鬚公園と線対称の位置にある四ツ木橋緑地(荒川河川敷)をHSFで測定しマップを作成しました。下図に東白鬚公園と四ツ木橋緑地の方位と位置関係を示します。
kanegahuchi.jpg
実際の河川敷は南北に連続していますが、北→画面右に画像を回転し、下図のように分割してGoogleEarthキャプチャー画像を表示しています。
yotsugi_00.jpg

①四ツ木橋緑地(荒川河川敷) 画像をクリックすると拡大します
yotsugi-01.jpg
②四ツ木橋緑地(荒川河川敷) 画像をクリックすると拡大します
yotsugi-02.jpg
③四ツ木橋緑地(荒川河川敷) 画像をクリックすると拡大します
yotsugi-03.jpg
④四ツ木橋緑地(荒川河川敷) 画像をクリックすると拡大します
yotsugi-04.jpg
測定条件などについては前回の東白鬚公園の記事をご参照下さい。

なお、前回の東白鬚公園、鐘ヶ淵市街地、四ツ木橋緑地のデーターをまとめたKMZファイルを作成しましたので、GoogleEarthを利用できる方は自由にお使い下さい。

2015年01月24日_墨田区鐘ヶ淵.kmz

またウェブブラウザでマップを参照できるGoogleFusionTables版も同様にデーターをまとめました。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します)

HSFによる四ツ木橋緑地の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる墨田区四ツ木橋緑地の放射線量マップ を見る

荒川河川敷の水辺は下写真のように人工護岸です。
CIMG2760.jpg
河川敷は大部分がグラントなどに整備、利用され、平均的な線量は0.07μSv/h(50cm)程度ですが、増水時に冠水する水辺の線量が低いのは大島小松川公園周辺と同様です。

水辺の一部は泥土が堆積し葦が生えて自然護岸化しています。
CIMG2767.jpg
同箇所 5cm:0.05μSv/h 50cm:0.04μSv/h 100cm:0.04μSv/h
20150124_151013.jpg

ただし、舗装道路と草地境界、堰堤のコンクリート法面下などでは放射性降下物の濃縮が認められ、有意に線量が上昇しています。(下写真 コンクリート法面と河川敷草地)
CIMG2766.jpg
同箇所 5cm:0.4μSv/h 50cm:0.2μSv/h 100cm:0.14μSv/h
20150124_150312.jpg
50cm(連続歩行)
20150124_160115.jpg

前述のように舗装道路-草地の境界で一定の濃縮が認められましたが、京成押上線高架付近の草地で非常に強い濃縮が生じている箇所がありました。
5cm:1.04μSv/h 50cm:0.51μSv/h 100cm:0.36μSv/h
20150124_154337.jpg
左側斜路から流れ込む雨水による放射性降下物の濃縮が主な原因だろうと推定されます。
CIMG2770.jpg
周辺はゴミだらけで看板は枯れ草に覆われて内容も良く読み取れませんでしたが、ヒヌマイトトンボ(茨城県涸沼固有種)の生息地らしく、草刈り清掃などあえて手を入れていないのかもしれません。
0608-10_201501300639020ca.jpg  
なお右上写真はすみだあれこれ ぶらり荒川サイクリングのサイトから借用しました。(ヒヌマイトトンボについて記載あり)

なお、当該箇所の動画記録を作成しましたので合わせてご覧下さい。


〈関連記事〉
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(1)東白鬚公園
HSFによる江戸川区大島小松川公園周辺の放射線量マップ
HSFによる江戸川区篠崎公園周辺の放射線量マップ
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/772-ad902fc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。