子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷

今回は⑤の北総線矢切駅→坂川に至るルートと、前回の坂川流域から西側に進んで、矢切の渡し→柳原水門→里見公園→国府台の経路をHSFで歩行測定した結果です。
下図にルートの概要を示します。
yagiri_walk2.jpg
測定条件はHSFの検出器を高さ50cmに固定、連続歩行で得られたデーターの5秒毎の平均値をGPSの位置情報により地図のマーカー位置に表示しています。(移動平均5秒)
なお、④~⑦のすべてのデーターをまとめたKMZファイルを作成しましたので以下のリンクからご利用下さい。

なお数値を改変しない限りデーターのリンク、再配布、二次著作物の作成、配布にあたって一切制限はありませんが 
1.データーの利用により生じた損害には一切補償しません(無保証)
2.測定日、使用機器、測定条件などのメタ情報(具体的にはこのブログのURL)を必ず添付する
という条件に同意したものとみなします。

2014年12月15日_市川-松戸市矢切.kmz

ウェブブラウザでマップを閲覧するには以下のFusionTables版をご利用下さい。

大きな地図で HSFによる市川ー松戸市矢切周辺の放射線量マップ を見る


1)坂川→国府台(江戸川河川敷)
下図(全体)の表示は画像の右側が北、左側が南に時計回りで90度回転してあります。
edogawa_NN.jpg

①「矢切の渡し」→北総線橋梁下
edogawa_001.jpg
一般に河川敷は人工的な撹拌や降下物の移動が少なく初期状態が保存されているためか周辺の住宅地や圃場より線量が高めの傾向です。ただし(取手市の河川敷でもありましたが)コンクリートブロックによる人工護岸(法面)下では強い濃縮が生じる場合があります。
edogawa06.jpg
コンクリート法面下 5cm:0.72μSv/h 50cm:0.31μSv/h 100cm:0.22Sv/h
IMG_0847.jpg
人が長居をするような場所ではありませんが、条件が揃えばこの程度の濃縮は容易に生じるという点は留意しておく必要があります。
IMG_0849.jpg
逆に堰堤上の歩道や水辺の線量はそれほど高くありません。
下写真の矢切の渡し桟橋付近は0.06μSv/h程度(対岸は金町浄水場)
IMG_0842.jpg

 
②柳原水門(旧坂川)付近
edogawa_02.jpg
柳原水門を過ぎたあたりから堰堤上の歩道の線量が特異的に上昇していますが、濃縮のメカニズムが全く読めません。
sakagawa_end.jpg  
江戸川と平行しているのが旧坂川、現在は「濠」の様な形で上流側の周囲は民有地、下流側は柵があり水辺に近づけませんが、周辺の線量は0.14μSv/h(50cm)程度。
IMG_0865.jpg


③国府台京成線橋梁付近
edogawa07.jpg
「線」的に比較してみると舗装された居住圏と草地の河川敷では周辺線量のベースが異なる事が判ります。
また、北総線高架下と同じく法面下+舗装斜路からの雨水の流入による濃縮が確認されました。
keisei.jpg
斜路脇草地 5cm:0.34μSv/h 50cm:0.26μSv/h
IMG_0871.jpg
同箇所遠景、「いかにも」というロケーションです。
IMG_0873.jpg


2)北総線矢切→国道6号線→坂川ルート
こちらはごく簡単に
画像は 左=南 右=北 ですが中矢切―上矢切周辺に周辺線量の遷移点があるように見えます。(水色は0.1以下緑は0.1-0.2以下)
yagiri_R6-1.jpg  
上矢切神明神社付近の歩道植栽 5cm:0.29μSv/h 50cm:0.16μSv/h
IMG_0800.jpg

国道6号の側道に強い濃縮の堆積土がありましたが、道路管理用通路?の様で(フェンスの前で行き止まり)通常人が通行する場所ではありませんが、坂川方面に抜けられるかと間違って踏み入りました。(こういうものもあるということで)
yagiri_R6-2.jpg
 
 
〈関連記事〉
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域
2011-2014年の市川市(国府台)-松戸市(矢切)間の線量比較
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(21) 取手市取手緑地
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/765-5dce8df0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。