子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる市川市国分川流域の放射線量マップ(1)

11月19日に松戸市国分川流域の放射線量を測定しましたが、今回は同じ国分川の市川市流域(中流域)をHSFで測定しマップを作成しました。前回と今回調査範囲の位置関係についてはHSFまとめページにある
HSF測定箇所と測定予定箇所マップ
をご参照ください。

GoogleEarthのキャプチャー画像は表示の都合で北を画面右に(時計回りで)90度回転してあります。(下図だと④が南側)いずれも画像をクリックすると拡大表示します。
kokubu_NN2.jpg

HSFによる国分川流域の放射線量マップ①聖徳大付属小中高付近
kokubu_01.jpg
HSFによる国分川流域の放射線量マップ②千葉商大附高付近
kokubu_02.jpg
HSFによる国分川流域の放射線量マップ③千葉商大附高球技場付近
kokubu_03.jpg
HSFによる国分川流域の放射線量マップ④市川市国分7(調整池)付近
kokubu_05.jpg
測定条件は検出器高さ50㎝固定、連続歩行、5秒ごとの平均値をマーカー位置に表示という松戸市内での測定条件と同一です。GoogleEarthでマップを表示する為のKMZファイルは以下のリンクからダウンロードしてご利用になれます。

2014年12月06日_市川市国分川流域.kmz


GoogleEarthが未インストールや障害がある場合にウエブブラウザでマップを閲覧するには以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧ください。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します)GFT版は方位はそのまま表示しています。
HSFによる市川市国分川流域の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる市川市国分川流域の放射線量マップ を見る

国分川の自然護岸は立入りが制限、または困難な箇所も多々あり、可能な範囲に限って河川敷に降りて測定し、それ以外は川沿いの土手道を歩行しています。その場合も「水辺から◯mの位置」など一定したルートを辿っているわけではありませんのでご了解下さい。(流入口のある場所は迂回しています)

調査ポイントの始点国分川橋(北総線高架)の北側。浚渫工事が行われていましたが(上流から見て)左岸側は松戸川と同じく人工護岸で歩道と水辺はかなり離れています。
0751.jpg
同じ国分川橋(北総線高架)から南側を見た風景、下流(南)側は自然護岸になっています。
0694.jpg
右岸(画面左)はテラス状の河川敷が断続していますが、左岸(画面右)は石積の人工護岸でフェンスが設置されていて立入れません。(写真奥は北総線高架) こうした河川敷は増水の度に冠水し、上流から運ばれた河床の泥土が堆積して汚染が進行したと推定されます。
0698.jpg
今回調査範囲の南端の国分前橋(東国分2丁目)以南の下流も自然護岸ですが堰堤+フェンスで水辺には立入れません。
0718.jpg

GoogleMapの新しいAPIを利用して平均値測定ポイントマップを試験的に作成しました。見にくいかもしれませんが☆型のマーカーが高さ50cm、◯が5cm□が100cmでのそれぞれ静止状態で15秒間の平均値を表示しています。(フレーム右上の□のアイコンをクリックすると全画面表示しますが、新しいGoogleMapの操作方法は以前の記事をご参照ください。)

市川市国分川流域平均値測定マップ

上図の白いシェイプは国分川左岸に接する調整池ですが、こちらも物騒な看板があり立入りは出来ないようになっています。
0712.jpg

平均値測定ポイントでのHSF画面キャプチャー画像のいくつかを以下に示します。
①国分川橋-秋山弁天橋間の右岸 5cm:0.81μSv/h 50cm:0.59μSv/h
103814.jpg
①聖徳大附高付近左岸 5cm:0.46μSv/h 50cm:0.30Sv/h 100cm:0.27Sv/h
134004.jpg
②千葉商大附高付近右岸 5cm:0.46μSv/h 50cm:0.3μSv/h
105953.jpg
③堀之内橋付近左岸 5cm:0.50μSv/h 50cm:0.33μSv/h 100cm:0.27μSv/h
132539.jpg

さらに下流側の調整池周辺については別記事とします。
(つづく)

〈関連記事〉
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(1)
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(2)
HSFによる柏市大堀川上流域の放射線量測定(その1)
HSFによる柏市大堀川上流域の放射線量測定(その2)
HSFによる千葉市花見川区こてはし台調整池の放射線量再測定と土壌測定結果(2)
HSFによる千葉市若葉区坂月川上流域の放射線量再測定と土壌測定結果
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/759-351c4bcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。