子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる市川市大町公園の放射線量マップ

北総線沿線の公園、河川をHSFで連続して測定していますが、(公開順序が逆になりましたが)今回は市川市大町公園の測定結果です。
これまでの調査地点と大町公園の位置関係を下図に示します。
Rmap.jpg

マップ画像は表示の都合で北を画面右側に時計回りに90度回転し2分割してあります。
ohmachi_01.jpg
HSFによる市川市大町公園(北)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
ohmachi_02.jpg
HSFによる市川市大町公園(南)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
ohmachi_03.jpg
測定条件は高さ50㎝固定、連続歩行、5秒ごとの平均値表示という従来通りのものです。GoogleEarth用のKMZファイルは以下のリンクから入手できます。

2014年11月03日_市川市大町公園.kmz

Firefox、、IEなど通常のウエブブラウザでマップを閲覧する場合は以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧ください。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します)
HSFによる市川市大町公園の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる市川市大町公園の放射線量マップを見る

大町公園はアスレチック(ありのみコース)、市川市動植物園など有料施設と鑑賞植物園、自然博物館、少年自然の家など多様な施設に隣接した自然公園です。
0435.jpg
南側の一部で線量が上昇しているのはおそらく隣接する山林の影響ではないかと思いますが、園内はほぼ全域が0.1μSv/h以下となっています。北側は元々谷地だった地形をそのまま利用し湧水が豊富で、基本的に木道上を散策するようになっていますが、調整池や自然護岸の都市河川と異なり強い濃縮が生じる条件ではないようです。
0437.jpg


〈関連記事〉
HSFによる鎌ヶ谷市囃子水公園の放射線量マップ
HSFによる鎌ヶ谷市貝柄山公園の放射線量マップ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/758-d18884d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。