子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる船橋市小室公園と小室駅周辺の放射線量マップ(1)

船橋市小室公園と周辺の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で測定しました。下図は小室公園の位置を「放射線量等分布マップ拡大サイト」の図版上に表示したものですが、北総線小室駅周辺は印西市と白井市に挟まれた地域で行政区分としては船橋市に属します。
RaMap01.jpg
以下の画像は表示の都合で北西→北(上)と時計回りに45度回転してあります。

HSFによる船橋市小室公園の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
komuro_park1.jpg
HSFによる小室調節池周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
komuro_park2.jpg
測定高さ50cm固定、連続歩行で記録した1秒毎のデーターの5秒毎の平均値をマーカー位置(GPSの位置情報)に表示しています。 GoogleEarthで表示するためのKMZファイルと通常のブラウザで閲覧するためのGoogleFusionTables版のマップを作成しまし た。(GFT版はフレーム下のリンクをクリックすると全画面表示に切り替わります)

2014年10月20日_船橋市小室公園.kmz

HSFによる船橋市小室公園の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる船橋市小室公園の放射線量マップ を表示

1)小室公園と調節池周辺
公園内はほぼ0.1μSv/h以下ですが児童公園隅の砂溜まりや小室調節池周辺の山林ではやや高め、ワンポイントですが0.2μSv/h(50cm)を超える箇所がありました。
児童公園隅の砂溜まり
0343.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.23μSv/h 50cm:0.16μSv/h
103556.jpg
小室調節池は公園側の斜面はフェンスで区切られていますが、それ以外は水辺を散策できる遊歩道が整備されています。
公園側から見た小室調節池
0344.jpg

話が前後しますが小室公園は船橋市の除染対象となり汚染土壌が園内に埋設されています。
船橋市HP 放射線量の低減化基準値を0.23マイクロシーベルトに設定します

船橋市HP 放射線対策で発生した除去土壌の保管方法の見直しについて

公園内で2012年3月に@sontag_Fさんが測定した0.23μSv/h(1m)の地点ですが
komuro_04.jpg
画像取得日時が古いためGoogleMap上では未だに埋設中に見えますが、現在は埋め戻されていたので、周囲を一周して周辺線量を測定しました。(いわゆる「天地返し」効果で周辺より線量が低くなっています。)
komuro_3.jpg

除染後の状況の確認のため草地広場に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを採取しました。
komuro_0347J.jpg
直置きでの線量率は0.16μSv/hで原発由来のCs137、134のピークが確認されましたが自然核種の寄与は少なそうです。
Komuro_Spectra.jpg

長くなったので小室駅周辺については別記事とします。

〈関連記事〉
HSFによる印西市草深の森、浅間山公園(小林地区)の放射線量マップ
HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ
HSFによる印西市千葉NT桜台と十余一公園周辺の放射線量マップ
HSFによる印西市印旛中央公園の放射線量マップ
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSFによる千葉ニュータウン小倉台(印西市)周辺の放射線量マップ(2)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/749-8d2475dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。