子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる葛西臨海公園の放射線量マップ(1)

10月18日に都立葛西臨海公園の放射線量をHSFで測定しマップを作成しました。(敷地が広大なためマップ画像は以下の様に西、東、南と3分割してあります)
kasai_d.jpg
このマップについてはエントランス、中央通路、歩道側溝に使用されている花崗岩由来の自然放射線の影響を強く受けている部分があるので(下記にまとめます)閲覧にあたってご留意ください。

HSFによる葛西臨海公園(西側)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
kasai_w.jpg
HSFによる葛西臨海公園(東側)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
kasai_e.jpg
HSFによる葛西海浜公園(南側)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
kasai_S.jpg
測定高さは50cmに固定、連続歩行し記録した1秒毎のデーターの5秒毎の平均値をマーカー位置(GPSの位置情報)に表示しています。 GoogleEarthで表示するためのKMZファイルと通常のブラウザで閲覧するためのGoogleFusionTables版のマップを作成しまし た。(GFT版はフレーム下のリンクをクリックすると全画面表示に切り替わります)

2014年10月18日_葛西臨海公園.kmz

HSFによる葛西臨海公園(東側)の放射線量マップ(GFT版)

より大きな地図でHSFによる葛西臨海公園の放射線量マップを見る

連続歩行測定のほかに任意のポイントで静止し高さ5,50cm(一部100cm)での15秒間の平均値を記録しました。

より大きな地図で 2014年10月14日_葛西臨海公園平均値 を表示

葛西臨海公園は東側の鳥類園回りの自然観察路と水族館、西側の草地広場、大観覧車のある園地のファミリーゾーンと南側の海浜公園に大別されます。(今回有償施設である水族館周辺は調査の対象としていません)
0332.jpg
特に京葉線側エントランスと中央通路については敷石に用いられている花崗岩由来の自然放射線の上積み分が大きいのでマップを閲覧する場合はご留意ください。

1)エントランス・中央通路
 京葉線葛西臨海公園駅と接続した中央歩道(エントランス)上は0.13~0.16μSv/h(50cm)と比較的高い値が連続しているので驚きますが、検出器を植栽側に寄せると0.1μSv/h(50cm)以下に低下することから敷石に使用されている花崗岩の影響が疑われます。
0300.jpg
下画像はエントランス部分の拡大図ですが敷石→アスファルト舗装の境界で周辺線量の明瞭な遷移点が確認できます。(アスファルト舗装は通常の非透水性-撥水性仕様のようです)
Ent_kasai.jpg
上図の白丸位置は検出器を植栽(土壌)に寄せた箇所ですが、同様に線量の低下が確認されるなど、通常とは真逆の結果になっています。

下写真左側はコンクリート舗装上に検出器を直置き(0.088)した場合、右側は花崗岩敷石上に直置き(0.166)した結果を比較したものです(2点間の水平距離は2~3m程度)
0328AB.jpg
右上敷石上でのHSF画面キャプチャー 0.166μSv/h
152838.jpg
「HSFならスペクトルが見れるので自然核種と福島由来の人口核種が判別出来る」と言われますが、屋外の場合低エネルギー側は散乱線に埋もれて自然核種ピークを確認するのは一般に困難です。上の例だと線量レベルとセシウム領域にピークの大きさからある程度推定できますが、こうした場合簡易的ですが対象に検出器を近づける(直置き)のは線源を特定するには有効な方法です。

都市部では舗装以外にもビルの外装に大理石や花崗岩が利用されているため厄介です。下図は千葉県佐原市の伊能忠敬記念館周辺のマップですが今回同様に敷石とアスファルトで周辺線量が倍以上違っています。
sawara_201411021040593a9.jpg

なお放射線防護や疫学に詳しいわけではないしネット上には良い資料やまとめが沢山あることから詳細は略しますが「自然放射線は怖くない」とか極端な例だと「体に良い」というのは端的に間違いです。

と、大仰に構えましたが敷石に金をかけた箱モノ感にバブリーな時代(1989年開園)を感じるというのが率直な感想です。
(つづく)

togetterまとめ葛西臨海公園の放射線量

〈関連記事〉
HSFによる江戸川区篠崎公園周辺の放射線量マップ
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによる松戸市「21世紀の森と広場」の放射線量マップ(その2)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/746-bc593e21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。