子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ

前回予告したように印西市印西牧の原(草深公園)周辺の放射線量をHSFで測定しマップを作成しました。これまでの調査個所と印西牧の原(黄丸)の位置を文科省航空機モニタリング結果の図版上に示します。
航空モニタリング

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
makinohara_00.jpg
草深(そうふけ)第2公園周辺   画像をクリックすると拡大します
makinohara_01.jpg
草深(そうふけ)第1公園周辺   画像をクリックすると拡大します
makinohara_02.jpg
測定条件は地上50cmでの周辺線量の連続歩行で、5秒毎の平均値をGPSの位置情報に従ってマーカー位置に表示してあります。データーをGoogleEarthで表示するためのKMZファイルと通常のブラウザで閲覧するためのGoogleFusionTables版のマップを作成しましたのでご利用ください。

2014年10月04日_印西牧の原.kmz

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップを見る

草深第2公園は2011年6月の印西市による土壌調査で4000Bq/kg超の放射能濃度が確認されています。

この結果は千葉県土壌調査マップでも確認できます。


上記記録の内、強い濃縮により周辺線量の上昇が認められた箇所等について静止し検出器高さごとに15秒間の平均値を測定しました。測定箇所を下図(画像)に示しますが、画像をクリックするとGoogleMap上で数値が確認できます。
makinohara_AVG.jpg

①草深第2公園 水辺歩道-草地境界と斜面下

0224.jpg
同箇所 5cm:0.7μSv/h 50cm:0.48μSv/h 100cm:0.26μSv/h
0225.jpg

②公園南西角エントランス 舗装広場上の堆積土
0232A.jpg
同箇所 5cm:0.66μSv/h 50cm::0.48μSv/h 100cm:0.27μSv/h
0231.jpg

③公園西側草地
 0234.jpg
同箇所 5cm:0.56μSv/h 50cm::0.21μSv/h
0233.jpg  

④県道190号線 印西市立原小学校交差点付近の堆積土
0242.jpg
同箇所堆積土 5cm:0.53μSv/h
0241.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー
103601.jpg

こうした堆積土が周囲の線量を地味に押し上げている様に思います。

次回は同じく印西市の草深の森、浅間山公園の測定結果をまとめる予定です。

〈関連記事〉
HSFによる印西市千葉NT桜台と十余一公園周辺の放射線量マップ
HSFによる印西市印旛中央公園の放射線量マップ
HSFで印西市長門川公園周辺の放射線量を調査しました
HSFで印西市木下万葉公園周辺の放射線量を調査しました
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(2)
千葉県土壌調査マップを作りました
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/742-6af725f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。