子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(23) つくば市茎崎運動公園

茨城県つくば市の茎崎運動公園の放射線量をHSFで測定し結果をまとめました。
下図はつくば市茎崎運動公園のおおよその位置を文科省放射線量等分布マップ拡大サイトの図版に表示したものです。(これまでの茨城県南部の測定結果については「HSFまとめページをご参照下さい)
MAML.jpg
HSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
kukizaki_00.jpg
測定高さは全て50㎝、連続歩行で線量を記録し5秒間の平均値をマップのマーカー位置に表示しています。
GoogleEarth用のKMZファイルと通常のWebブラウザからマップを参照するためのGFT版の両方を作成しました。

2014年09月14日_つくば市茎崎運動公園.kmz

HSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップを見る

茎崎運動公園は牛久沼近隣の中規模運動公園ですが敷地内に大きな勾配はなく概ね平坦です。
0082.jpg
文末(最下段)に掲げたつくば市の資料を見ると、つくば市南部(旧茎崎町周辺)は市内でも相対的に線量の高かった地域ですが、現在の草地の平均的な線量は0.12~0.13μSv/h程度で非常にバラつき=濃淡差が少ない様に見えます。当然濃縮が生じているポイントは皆無ではありませんが、数も少なく範囲も狭いという印象をうけました。
周辺線量より有意に上昇しているポイントをいくつか下図にピックアップしてみました。
kukizaki_02.jpg

①舗装歩道脇の雨水桝
0078.jpg
地表付近では0.7μSv/hのポイントがありますが50cmでは0.17μSv/h程度です。
0077.jpg

②児童公園と草地の境界斜路
0086.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.47μSv/h 50cm:0.24μSv/h
122954.jpg

③植栽際の砂溜まり
植栽から流出した土壌が舗装歩道に堆積し、その上に芝が生えて固着しています。以前調査した阿見運動公園の同様の箇所では50cmで0.3μSv/hを超える箇所もありました。茎崎運動公園の場合も周辺より有意に線量は上昇しますが範囲もせまく
元々降下量が阿見より少ない
土壌が砂質でセシウムが強く固着しない
など条件が異なるためかもしれません。
0085.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー  5cm:0.25μSv/h 50cm:0.22μSv/h
122713.jpg

つくば市HP 放射線対策 

つくば市HP 市内全域の汚染状況

つくば市HP 放射線対策実施報告書

〈関連記事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(21) 取手市取手緑地
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(16) 牛久市ひたち野西近隣公園とつくば市2公園の比較
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(15 ) つくば市洞峰公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(14) つくば市松見公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(7)龍ケ崎市 牛久沼水辺公園
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/739-3310dfbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。