子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(21) 取手市取手緑地

この間茨城県南部の公園、緑地をHSFで調査してきましたが、今回は取手市取手緑地公園の放射線量を測定しマップを作成しました。取手緑地と他の調査地点とのおおよその位置関係を文科省放射線量等分布マップ拡大サイトの図版に表示してみました。
MAM.jpg
これまでの茨城県南部の測定結果については「HSFまとめページにあるインデックスをご参照下さい。

HSFによる取手市取手緑地公園の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
toride-ryokuchi.jpg
検出器の高さは地上50㎝、連続歩行し線量を記録、マップは線量の5秒間の平均値をマーカー位置に表示しています。
GoogleEarth用のKMZファイルとWebブラウザからマップを参照するためのGFT版の両方を用意しましたのでご利用下さい。
2014年09月22日_取手市取手緑地公園.kmz


GFT版マップはフレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します。

HSFによる取手市取手緑地公園の放射線量マップ (GFT版)

大きな地図でHSFによる取手市取手緑地公園の放射線量マップを見る

取手緑地公園は前回調査した三郷市江戸川運動公園と同様に利根川の広大な河川敷を整地したもので、バックネットやベンチ以外特に設備に類するものはありません。(今回調査したのは、その一ごく部です)草地の平均的な線量は0.14μSv/h程度と思われますが、局所的に強い濃縮が生じている箇所がいくつか確認されました。
0168_2014100822270612c.jpg
下図の赤丸の範囲については静止状態での5cm、50cm、100cmの15秒間の平均値も測定しました。
Toride_12.jpg  

①緑地北西角地(斜面下)
0174_20141008234328985.jpg
護岸コンクリートブロック斜面と草地の境界部、50cmで0.8μSv/h近くありますが、幸い汚染は比較的狭い範囲に限定されているようです。
0171.jpg
上箇所でのHSF画面キャプチャー  5cm:3.4μSv/h 50cm:0.79μSv/h 100cm:0.33μSv/h
135608.jpg

②北側斜面下草地

①と同様に護岸ブロック斜面と草地との境界で強い濃縮が生じていますが、線状の狭い範囲に限定されています。
0164.jpg
上記箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:1.1μSv/h 50cm:0.35μSv/h 100cm:0.23μSv/h
130420.jpg

③-④野球場グランド周辺
東側 バックネット付近
toride_04.jpg
西側
 toride_02.jpg
グランド内野の裸地-草地の境界やバックネット、ベンチ付近で有意に線量が上昇しているのを偶然発見しました。平坦な場所なので雨水の関与は考えにくく、可能性としてはグランド整備など人為的な要因もありますが、原因はよく判りません。
 
⑤駐車場周辺
舗装歩道、駐車場隅部の典型的な雨水濃縮で0.2μSv/hを超える範囲が断続しています。逆に川辺付近では線量が低下することもわかります。
toride_05.jpg
駐車場隅の堆積土
0159.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.33μSv/h 50cm:0.24μSv/h 100cm:0.22μSv/h
125027.jpg

なおグランド草地中央部分で検出器を直置きして300秒の平均値とスペクトルを測定しました。(線量表示は0.18μSv/h程度)セシウムの明瞭なピークが確認出来ますが、カリウムなど自然核種の線量率への関与は少なそうです。
toride_ryokuchi_spectra.jpg

〈関連記事〉
HSFによる我孫子市・柏市4公園の放射線量マップ(2)(我孫子市利根川ゆうゆう公園)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/737-3fdfbb48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。