子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(2)

昨日の記事「HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)の続きです。

2)市街地の路上堆積物

江戸川運動公園から早稲田公園(後述)に向かう途中の三郷市早稲田3丁目付近の一般市道で0.3μSv/h(50cm)を超えるポイントを偶然発見しました。(ほどんど広がりのない「超マイクロスポット」です。)
misato_06A.jpg
堆積土と言っても外観から砂とアスファルト細片の混合物の様に見えますが、量は側溝と駐車所縁にごくわずか積もっている程度です。
0144.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.92μSv/h 50cm:0.36μSv/h
105104.jpg
周辺のコンクリート、アスファルト自体が汚染されている可能性はありますが、堆積物の量からしてかなり高濃度だと推定できます。

HSFで作成したマップを細かく見ると同様に駐車場周辺の狭い範囲で0.2μSv/hを超えるポイントが存在しているようです。
三郷市早稲田2丁目付近
misato_07.jpg
JR三郷駅北口周辺
misato_08.jpg
江戸川運動公園と比較すると土壌に降下し沈着したセシウムは動きが緩慢で周辺線量も物理的半減に比例しますが、市街地など人工物上のセシウムは雨水で流動し(透水性舗装を除く)周辺線量は急激に低下するものの、非常に強い濃縮が生じる可能性がある、という従来の知見の通りの現象だと思います。

2)早稲田公園
HSFによる三郷市早稲田公園の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
waseda_prk.jpg

HSFによる三郷市早稲田公園の放射線量マップ(GFT版)

早稲田公園は典型的な中規模都市公園で、三郷市による除染工事により園内は50cm-0.23μSv/h以下の範囲に収まっています。前記の歩道上の様な強い濃縮は見受けられませんでしたが堆積土などでは線量が上昇している箇所がありました。

三郷市除染実施計画(PDF)(第3版)

0148.jpg

〈関連記事〉
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(1)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(2)
HSFで葛飾区柴又周辺の放射線量を測定しました
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/736-b7ebec45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。