子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

弘前市、函館市の路上堆積土の放射能濃度

千葉在住のサーベイヤーである@Yusuke_tokumei さんが夏休みに帰省した際に弘前市と函館市の路上の堆積土を採取して下さいました。結果はご本人がすでにツイート済みですが、あらためてまとめました。

弘前市土手町の路肩の堆積土 500ml(843g) 28800秒(8時間) 測定日:8月25日
 Cs合計:14Bq/kg 存在比≒0.27
hirosaki.jpg

函館市本町の路肩の堆積土 500ml(843g) 28800秒(8時間) 測定日:8月25日
 Cs137:4.6Bq/kg Cs134<0.7 
hakodate1.jpg

弘前市の堆積土ではCs134が有意に検出されて134/137存在比も現時点で妥当な範囲ですが、函館市の堆積土ではCs134を定量出来ませんでした。存在比を福島由来の0.3程度と仮定してCs137 の濃度から逆算すると1Bq/kg前後なのでGe半導体検出器でないと定量は難しいと思います。(Cs137は過去の核実験、チェルノブイリ事故の降下物として単独で存在する可能性もあります)
線量的にはほぼ同等のようですが、関東周辺の例だと路肩の土は7~10倍程度の「濃縮度」なので両者とも非常に低汚染だとわかります。
弘前、函館とも低エネルギー側にトリウム系列(自然核種)のピークの他に500keV前後にBe7(半減期57日)とおぼしきピークが確認できます。関東圏でも植生を測定するとたまに見られますが、植生は取り置きすると状態が変わってしまうのに対し土壌ならそのまま比較できるので1か月後に再測定してみました。

函館市本町の路肩の堆積土 500ml(717g) 28800秒(8時間) 測定日:9月23日
 Cs137:5.2Bq/kg Cs134:1.1 
hakodate2.jpg
土壌の乾燥が進んだためが若干濃度が上がってCs134も「検出」となりましたが誤差が大きく、いずれにしろ3σの範囲です。
下図は8月25日と9月23日のスペクトル(生データ)を重ねあわせたものですが、トリウム系列、K40 、Cs137,134のピークは変化ありませんが477keV付近だけ確実に低下しているのでBe7と同定してよさそうです。
hakodate_spectra.jpg

原子力資料情報室 謎のガンマ線ピークの出現/抹茶についての追加調査報告
福島/いわき市放射線/放射能情報 謎のピーク(Be-7 ベリリウム7)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/732-0bf9b42a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。