子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによるJR柏駅(国道6号線)周辺の放射線量マップ(その1)

HSF車載測定で路面線量が0.2μSv/h(高さ1m 車外線量換算)超えのポイントについて歩行、静止測定による検証を行ってきました。前回の 我孫子市街に続き柏市の国道6号(JR柏駅西口)と国道16号(JR柏駅東口)について測定し周辺線量マップを作成しました。

HSF車載サーベイによる柏駅周辺の路面線量マップ 
kashiwa-csv.jpg

1)国道6号線(JR柏駅西口付近)
HSF(歩行)による柏市国道6号線周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
JR柏駅西口-国道6号
測定条件は従来通り検出器高さ50cmの連続歩行です。
GoogleEarth表示用KMZファイルは以下のリンクから御利用下さい。
2014年07月27日_柏市街.kmz

通常のウエブブラウザでマップを見るには下のGFT版を拡大して御覧下さい。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します。)

HSF(歩行)による柏市国道6号線周辺の放射線量マップ(GFT版)


大きい地図でHSF(歩行)による柏市国道6号線周辺の放射線量マップを見る

6号線沿線の歩道植栽部に強い濃縮箇所があり、0.2~0.4μSv/hの範囲が連続し路面線量を押し上げていると考えられます。く車載測定でも捕捉できていますが、我孫子市の例と同じく実体はかなり広範囲で、自動車や自転車の測定は短時間で区間の傾向を見る程度と考えた方が良いように思います。
下写真右手がJR柏駅側 
7122.jpg

6号線「柏駅西口交差点」地下歩道入口付近 50cm:0.38μSv/h
093249.jpg
車道の東側、西側(歩道)で有意な差は認められませんでした。(植栽の切れ目で線量が低下するのは我孫子市の例と同様です)
動画記録も行いましたのでご覧下さい。


歩道の植栽については何度か記事で取り上げましたが、濃縮したセシウムの由来は建物や歩道の降下物が雨水で流され、植栽の土壌に捕捉されものと考えられます。国道6号線の柏駅付近歩道は写真のように幅が広く、他の事例などから土壌放射能濃度(線量)と歩道面積には比例関係にあるのではないか、と推測しています。

植栽の様な線的なつながりはありませんが歩道橋下の堆積土や開放型雨樋回りでも強い濃縮箇所が確認されました。
国道6号 あけぼの2丁目交差点直近の歩道橋下の堆積土
7119.jpg
上写真箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:1μSv/h
094657.jpg
上写真 歩道橋雨樋付近でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.5μSv/h
095325.jpg

国道6号 旭町1丁目歩道橋下(画像はGoogleStreetViewから借用しました。画像右手奥があさひ通り 丸印が開放型雨樋)
asahi_st.jpg
 上写真(丸印)付近でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.25μSv/h
asahi_amadoi.jpg
柏市は本年度から「面的除染」からマイクロスポットなど点的な除染に切り替えていますが、植栽の線的な汚染が見過ごされてきた?のは正直以外です。他の充填調査区域に指定された自治体でも植栽の除染には消極的な事例が多いのですが、勝手に推測すると
樹木等廃棄物が大量に出る
公園、校庭と異なり長く滞留する場所でない
などの「対費用効果」を考慮しているのかもしれません。あくまで勝手な推測なので今回の事例について関して柏市に問い合わせしたいと思います。(つづく)

〈関連記事〉
HSFによる我孫子市街と電中研周辺の放射線量マップ(その1)
HSFによる我孫子市街と電中研周辺の放射線量マップ(その2)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/713-93b9e41e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。