子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによるマイクロスポットの動画記録テスト(千葉市稲毛区)

雨天が続いてHSFによる調査が進みませんが、かねてから懸案のHSFの動画記録の簡単なテストを行いました。
測定場所は@Yusuke_tokumeiさんがツイートされていた千葉市稲毛区稲毛町5丁目付近のマイクロスポットで、地表直置きだと0.4μSv/h以上あるそうです。


ポーターブル線量計は数値だけが表示されるだけなのに対しHSF(ホットスポットファインダー)はスペクトルや時系列グラフなど画面情報が多いのですが、手持ちカメラでの動画記録やツイキャス配信ではタブレットPCの画面を移動しながら定点で撮影するのは難しそうです。
元々HSFのソフトにはエリアレコーダー、写真撮影などWebCamの映像を画面に埋め込み表示する機能があるので、今回は単純に全画面キャプチャー動画をとってみました。
ただし「動画」と呼ぶにはきびしいレベルだというのはご了解の上ご視聴下さい。




WebCamはLogicool920 キャプチャーソフトはHCHの「debut動画キャプチャー」を使用しています。
測定方法は往路は歩道上を高さ50cmで連続歩行、復路は検出器の高さを10cmに変更して地表付近を探索しています。
(ただしこの方法だと連続記録によるマッピングができないのでWebCamの映像を別のソフトで表示、オーバーラップするしかありません。)
キャプチャーソフト(コーデック)を変えても変化はなく出力解像度を落とすと多少滑らかになりますが、本質的にHSFが使用しているタブレットPCのCPU(intel Atom)の能力不足のような気がします。動画関連の知見がないので「そんなことはない、こうすればできる」などコメントいただけると助かります。

〈関連記事〉
HSF(ホットスポットファインダー)測定結果まとめページ

HSF(ホットスポットファインダー)Ver3.0がリリースされました

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/699-dd7d7022
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。