子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

モバイルサーベイヤーのためのGoogle3Dグラフ入門(もどき)

線量計の数値とGPS測位データーを同期させGoogleMapに表示する事はHSFに限らずGammaRAEⅡやHoriba PA-1100やらじだすでも可能で個人サーベイヤーの皆さんがマップを公開されています。
大それた表題をつけましたが、要はそうしたデーターをGE-graphを使ってコード(プログラミング)レスで3Dグラフ表示を行う為のメモです。(ただしテキストファイルの操作は必須で、さらにPerlやPythonのようなスクリプト言語の心得があれば言うことはありません)
大洗-ひたちなか周辺のHSF車載測定マップ(3D版)
 hitatinaka_sv3D-2.jpg 

1)GE-graphのインストール

GE-graphのインストールには以下のリンクの一次配布元からzipファイルをダウンロードする必要があります。
GE-Graph: Graph for GoogleEarth
(上記サイトの最下段の Download the full installer of GE-Graph 2.2.21(2287 k) - v. 2.2.21 をクリック)

インストールには管理者権限が必要ですが、解凍後インストールの途中にVisualBasicのRuntimeのバージョンチェックが行われ当方の環境(Windows7-32bit)では「より新しいVersionがインストールされているが残すか?」と言ったダイアログが表示されました。(「残す」を選ぶのが無難)
なお今回Windows7(64bit)、Windows8及び8.1での動作は確認していませんのでご承知ください。

2)利用可能なデーター形式
GE-graphで利用可能なファイル形式はkml(Keyhole Markup Language)とタブ区切りのテキストファイルです。
・タブ区切りテキストの例を下図に示しますが、データー配列は [PlaceName] [Latitude] [Longitude] [Value] の順番でなければいけません。PlaceNameは省略することが出来ないので連番を使用しています。なおHeader(見出し行)は不要なので(あれば)削除しておきます。
GEG2.jpg
GE-graphではデリミタを指定したり自動判別することは出来ないようで、何故かCSVファイルの読み込みは失敗するので事前にタブ区切りテキストにコンバートしておく必要があります。
上記のデーターを「File」→「Openfile」から読み込むと画面右下のグリッドにデーターが表示されます。
GEG1.jpg
右下のグリッド内のデーターの修正、追加、削除等は可能ですがGoogleFusionTablesの様に列(Column)の属性を後から変更(入れ替える)ことは出来ません。

・KMLファイルについては <description></description>間の構文解析までしてくれないので、HSFの吐くKMLファイルはそのままでは使用できません。詳細は省略しますがHSF地図作成ソフトにはCSVファイルを吐く機能があるので前記のようなファイル形式に変換する必要があります。
その他の機種については出力ファイル形式に依存しますがKMLファイルをKMLCSVconvertorなどでテキストに変換、ExcelやGoogleSpreadSeatなとの表計算ソフトかTextEditorの置換機能を利用して整形するという手順になると思います。

・データー数が少ない場合は「File」→「New」からグリッドにデーターを手入力(コピペ)する方が早いかもしれません。

3)3Dグラフの作成

実際に入力したデーターから3Dバーグラフを作成する手順ですが、まずパネルの説明を行います。
GE_3D01.jpg
・左上から「3D」にチェックを入れます。
・「Polygonsides」でバーの形状(最小=3は三角形で数値を多くするほど円に近づきます)を指定、上の例だと「四角形」です。
SizeHeightColorはそれぞれ固定値(Constant)を使用するか「Value」のレンジで可変にするかを指定します。上の例ではSizeのみ固定、他はAccordingとしています。(Sizeを固定にしたのでバーのサイズを右下で「50m」と指定しています。)
ColorはValueのレンジに合わせたグラデーション表示色を指定しますがで1~7までのパターンのほか8番目としてユーザーが下位(Light)と上位(Dark)を指定(パレット使用)、カスタマイズが可能です。右側のColorOutline(輪郭)の使用不使用と色の指定を行います。(上の例だと不使用)
・右下の「Labels」はバーグラフ脇に数値や場所を表示、非表示するか選択します。上の例だとValueだけ表示、数値は小数点2位まで、フォントを黄色に指定しています。
Titleに日本語は使用できません。(見事に化けます)
・各種の設定はFile →「Save options」で保存、「Load options」でリロード出来ます。(Saveすると「マイドキュメント」の下に*.ggoというファイルが出来ますが中身はテキストなのでメモ帳等で中身を見ることが出来ます)

設定が完了したら「Run」をクリックすると「ファイル名をつけて保存」のダイアログが表示され、KMZまたはKML形式で保存出来ます。なお「Open in GE」にチェックを入れておくと出力ファイルを読み込んでGoogleEarthが立ち上がります。
HSFによる柏市大堀川流域河川敷の線量マップ
ohhorigawa_doserate.jpg

その他については省略しますが、ソフトの操作自体は簡単ですが見栄えの良いグラフを作るには試行錯誤というかセンスがモノを言う個人的には最も苦手な分野です。

4)2Dグラフの作成

「2D表示って...オリジナルと何が違うの?何の役に立つの?」と思われるかもしれませんが、とりあえずGraphTypeを3DFlatに変更するだけです。
GE_02.jpg
同じくRunをクリックしてGoogleEarthで表示してみます。
柏-大島田(16号線)柏-我孫子(6号線)周辺のHSF車載測定マップ
柏-我孫子車載2D-2
GoogleEarthやGoogleFusionTablesのようにマーカーに輪郭(黒)が無いので縮小したり、元の「密度」によって黒くつぶれて汚くなりません。(サイズや色を自由に選べるのもメリット)
画面がうるさくなるので数値は非表示としていますがGoogleEarthのサイドバーでName/Valuesのチェックを外す事でインタラクティブに切り替えることが出来ます。
GE_03.jpg
3D 表示マップはこちら
柏-我孫子車載3D
こちらがオリジナル
柏-我孫子車載
定形業務?でパラメーター決め打ちでよければkmlやcsvからスクリプトで一挙に3Dグラフ化も可能かもしれません。
今回のデーターを置いておきますので興味のある方は是非!
20140303車載.txt

20140303車載2D.kml
20140303車載3D.kml

〈参考資料〉
地理屋にできること-わたしの地理的スキル-
KMLファイル作成マニュアル

日光の放射能 測定について
福島/いわき市放射線/放射能情報
Togetterまとめ 放射線のプロット場所自動取得
データロガー・ガイガーカウンタ キット T-GMK2
こばさんのwakwak山歩き
ちょっとすごいロガー
SafeCast

Pico Tech - Survey Links
みん(@donbemin)さんによる東北サーベイマップ(GammaRAE II R)2014年4~5月
@tkimura6502さんによる「7色プロットツール」用タブ区切りテキスト集
いぐだま(@igudama)さんによるつくば市周辺サーベイマップ(Radi PA-1100) 2013年

〈関連記事〉
HSFユーザーの為のGoogleFusionTables入門(もどき)
HSF(ホットスポットファインダー)Ver3.0がリリースされました
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/695-aecce47d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。