子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(20)  茨城町涸沼自然公園・親沢公園

大洗、ひたちなかと4月に連続して行った茨城町涸沼自然公園と親沢公園(親沢鼻)のHSFによる線量測定結果です。それぞれの位置関係については下図(文科省放射線量拡大サイトの図版を使用)でご確認下さい。
hinuma_loc.jpg

1)涸沼自然公園

HSFによる茨城町涸沼自然公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
涸沼自然公園
マップ上の線量率は検出器の高さを50cmとし、連続歩行して得たデーターの3秒間の平均値をGPSの位置情報と同期して記録表示しています。上の画像がGoogleEarthの画面キャプチャー画像ですが、元データーのKMZファイルは以下のリンクからご利用いただけます。
2014年04月14日_茨城町涸沼自然公園.kmz

GoogleEarthが利用できない場合は、以下のGoogleFusionTables版のマップのフレーム下のリンクをクリックして拡大すると親沢公園のデーターも閲覧することが出来ます。
HSFによる茨城町涸沼自然公園の放射線量マップ

大きな地図でHSFによる茨城町涸沼自然公園の放射線量マップを見る

周辺の路面線量については以下のリンクからGFT版マップをでご確認下さい。
HSF者再測定マップ 千葉・茨城南部

涸沼自然公園は大洗市街から約8km内陸側にある涸沼北岸に広大な敷地を有し「自然公園」と命名されていますが、駐車場、ビジターセンター(下写真)、遊歩道、木道、野鳥観察小屋、キャンプ場などが整備され、いかにも「お金をかけました」的な箱モノ感が漂います。
今回調査したのは主に涸沼側(公園南側)の山林部ですが、一部は切り開かれて草地広場になっています。
涸沼自然公園ガイド
2501.jpg
「太陽の広場」付近から見える涸沼(対岸は「憩いの村涸沼」)
2497.jpg
平均的な線量は0.1マイクロ台前半ですが0.2~0.3μSv/h(50cm)のスポットが公園南西側に偏在しています。
下図はデーターから0.13μSv/h以上のポイントを抽出してHeatMap形式で表示したものですが、方位に関わらず山林内で線量が上昇しているのが判ります。
himumaHM.jpg
展望広場(公園南西角)でのHSF画面キャプチャー 50cm:0.2μSv/h
S20140414_113313.jpg

2)親沢公園(親沢鼻)

HSFによる茨城町親沢公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
親沢公園
親沢公園は涸沼自然公園から2km西の小公園ですが、涸沼に突き出た岬のような場所です。水辺は線量が低く0.1μSv/hを下回っていますが、松林の周辺でピンポイントで上昇する箇所がありました。
2502.jpg
親沢公園東側松林でのHSF画面キャプチャー 50cm:0.24μSv/h 
S20140414_123354.jpg

自治体による過去の測定データー
茨城町HP 公共施設の放射線測定結果について(平成24年6月15日~)

余談ですが茨城町では初期にHPI-5000というサーベイメーターを使用していた様です。(後期はHORIBA Radi PA-1000)

〈関連記事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(11) 大洗町海洋博物館周辺
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(12) 大洗町「県立こどもの城」・水辺プラザ周辺
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(13 ) ひたちなか市平磯海浜公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(19) ひたちなか市阿字ヶ浦周辺


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/694-f0a568d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。