子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(18) かすみがうら市崎浜公園・歩崎園地

歩崎園地に接する歩崎森林公園は以前調査した事がありますが、平地との比較も兼ねて簡単に測定しました。改めてこの間行った一連の測定(公園)の位置関係を文科省放射線量分布マップ(航空モニタリング)に示します。
kasumi_zone.jpg

1)かすみがうら市崎浜公園
崎浜(農村)公園はGoogleMapでも表示されていて、他の公園との位置関係から対象としましたが、実際訪れると拍子抜けするくらいの小さい公園で園内は雑草が生い茂り遊具もメンテされたいないのかサビだらけでほとんど利用されていないように見えました。
2694.jpg
HSFによるかすみがうら市崎浜農村公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
sakihama_park.jpg
全体は0.1μSv/h(50cm)前後ですが一部上昇している箇所があり、周辺をスキャンしました。
HSF画面キャプチャー 5cm:0.4μSv/h 50cm:0.189μSv/h
S20140507_120549.jpg
ピンポイントで線量が上昇していますが、地表は草だらけで地表の状況は確認できず原因は判りませんでした。

2)歩崎園地
歩崎園地はかすみがうら水族館周辺の何の変哲もない草地(平地)ですが前述のように隣接する森林公園との比較の為測定しました。
2696.jpg
HSFによるかすみがうら市歩崎園地の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
ayuzaki_ehchi.jpg
測定条件は地上50cmでの連続歩行、3秒間の平均値をマップに表示しています。崎浜公園も含めたGoogleEarth表示用KMZファイルを作成しました。
2014年05月07日歩崎園地.kmz

併せてGoogleFusionTables版のマップも作成しました。フレーム下のリンクをクリックして拡大すると崎浜公園や以前の歩崎森林公園のデーターも見ることが出来ます。
HSFによる歩崎園地の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図でHSFによる歩崎園地の放射線量マップ(GFT版)を見る

同じく全体的には0.1μSv/h前後(50cm)ですが局所的に0.2超えのポイントが散在しています。そのうち水族館裏手(北側)は雨水によって移動した放射性降下物が堆積土で濃縮したと考えて良いと思います。
水族館脇、斜面下の土溜まり
2699.jpg
上写真箇所でのHSF画面キャプチャ- 5cm:0.417μSv/hS20140507_124700.jpg
斜面下以外の部位で線量が上昇している原因ですが、汚染度の高い泥土が人為的に拡散された可能性があります。
下写真 植栽上の色違いの土塊
2701.jpg

3)車載サーベイによる周辺路面線量
つくば、土浦、かすみがうら市の一連の公園内歩行測定と併せて車載測定による周辺路面線量も測定しました。

大きな地図でHSF車載測定マップ 千葉・茨城南部 を見る

霞ヶ浦北岸は文科省放射線量分布マップでは南岸の阿見、美浦と同じ色分けですが、状況が異なるようで、今後354号線沿いやさらに北部を調査して確認したいと思います。

〈関連記事〉
 HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(8)かすみがうら市 歩崎森林公園
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/692-ca695cee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。