子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(16) 牛久市ひたち野西近隣公園とつくば市2公園の比較

1)牛久市ひたち野西近隣公園
牛久市ひたち野西近隣公園(水辺公園)の結果についてはしらベルブログで紹介されているので、データーのリンクなど概略だけ紹介します。(測定条件は地表50cm、線量率の3秒毎の平均値を表示しています)
GoogleEarth表示用KMZファイルは以下のリンクから御利用下さい。
2014年05月06日_牛久市ひたち野西近隣公園.kmz

HSFによる牛久市ひたち野西近隣公園の放射線量マップ
(GFT版)

大きい地図でHSFによる牛久市ひたち野西近隣公園の放射線量マップを見る

0.2μSv/h(50cm)を超えるポイントのほか、地表5cmで1μSv/hを超える強い濃縮部がいくつか検出されたのは既報の通りです。
植栽付近
2641.jpg
同箇所5cm:1.2μSv/h 
S20140506_133643.jpg

2) つくば2公園との線量比較
航空機モニタリング-つくば2
3公園はほぼ南北方向の直線上にあり、いずれも除染対象でなく線量率の変化は物理的半減による自然減衰(ただし、つくば2公園は園内整備が継続されていたと推定)と考えられるので、いささか乱暴ですがマップデーター(kml)ごとに全ポイントの平均値を算出し比較してみました。
  平均値 最大値 データー数
松見公園 0.079 0.125 285
洞峰公園 0.109 0.465 723
ひたち野西近隣公園 0.165 0.440 975
近隣の他の公園の結果をあわせて考える必要がありますが、南下するに従って単調に線量が上昇する傾向が見て取れます。
下図はHSFによる車載走行測定による路面線量データーから0.13μSv/h以上のポイントを抽出しHeatMap形式で表示したものですが、上記の要因として阿見、牛久、取手、東葛地域と連続する主に2011年3月21日以降の福島第一原発からの放出の影響度の差異と考えられます。
CSV-HV.jpg

〈関連記事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(15 ) つくば市洞峰公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(14) つくば市松見公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(3)阿見町阿見総合運動公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(2)美浦村「風と光の丘公園」
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/688-c6405093
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。