子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(15 ) つくば市洞峰公園

昨日の記事の続きで5月6日に行ったHSFによるつくば市(学園都市)の洞峰公園の測定結果です。
公園の位置関係を文科省の電子国土版 放射線量等分布マップ拡大サイトの航空モニタリング結果の図版に示します。
航空機モニタリング-つくば

HSFによるつくば市洞峰公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
つくば洞峰公園
歩行マップは地表50cmで測定した線量率の3秒毎の平均値をGPSの位置情報に基づきGoogleMap上のマーカーに表示しています。

GoogleEarth上でマップを表示するたは以下のリンクからのkmzファイルを入手して御利用下さい。
2014年05月06日_つくば市洞峰公園.kmz

ウエブブラウザでマップを閲覧する場合は以下のフレームの下部にあるリンクをクリックして拡大して御覧下さい。
HSFによるつくば市洞峰公園の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによるつくば市洞峰公園の放射線量マップ(GFT版)を見る

洞峰公園は前回の松見公園から約3.6km南下した位置にある大型公園で松見公園と時間配分を間違え今回は外周をトレースしただけの駆け足調査になりましたが、線量率のベースラインは松見公園より高めである事が分かりました。

ひたち野西近隣公園、松見公園と同様、湧水(汲上げ水?)や雨水のみの人工池の場合、都市部の調整池を兼ねた公園とは異なり、水辺に寄ると線量が低下する傾向の様です。
池北側観察台周辺線量
2619.jpg
 むしろ舗装歩道の内ランニング用と思われる透水性舗装にセシウムが吸着しているようで、周辺の緑地より有意に線量が上昇しています。(下写真の赤い舗装部分)
2620.jpg
前記のように、慌ただしい調査になってしまいましたが、遊具の設置された児童公園周辺で濃縮によるマイクロスポットが検出されました。(下図赤線部分)
つくば洞峰公園2
舗装歩道斜面坂下(雨水桝周辺)
2626.jpg
地表5cmでの測定結果
2627.jpg
上記箇所でのHSF画面キャプチャ- 5cm:0.54μSv/h 50cm:0.3μSv/h
S20140506_115749.jpg
舗装歩道(斜面)にそって0.2~0.3μSv/h(50cm)のスポットが連続していますが、直近のビジターセンター?の建物、敷石などの人工物に付着した放射性降下物が雨水を介して濃縮した可能性が高いように思います。


〈関連時事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(14) つくば市松見公園
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/687-6ea5cc58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。