子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる北柏ふるさと公園と大堀川下流域の放射線量調査

大堀川下流域については以前に柏の方からリクエストがありましたが今回漸く調査する機会を得て4月26日に柏市北柏ふるさと公園と大堀川下流域周辺の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で調査しました。

HSFによる北柏ふるさと公園周辺の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
kitakashiwa-hurusato_park.jpg

HSFによる大堀川下流域周辺の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
ohhorigawa.jpg
マップの数値は検出器の高さを地表50cmで連続歩行したデーターの3秒毎の平均値をGPSの位置情報に基づきマーカーに表示したものです。
GoogleEarthで表示するためにデーターをまとめたkmzファイルを用意しましたので以下のリンクから御利用下さい。
2014年04月26日_北柏ふるさと公園周辺.kmz

ウエブブラウザからマップを閲覧する場合はフレームの下にあるリンクをクリックするとマップを全画面表示に拡大して見ることが出来ます。
HSFによる北柏ふるさと公園周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図でHSFによる北柏ふるさと公園周辺の放射線量マップを見る

北柏ふるさと公園については@tkimura6502さんの2012年12月の歩行測定データーがあります。(数値は計数率ベースで線量率自体は直接比較できませんが線量率勾配の推移について比較可能です。)
@tkimura6502さんによる2012年12月時点の線量分布(画像をクリックするとオリジナル画像を表示します)
20121213-KitaKashiwa-NaI-2.jpg
測定当時公園内は除染中だったそうですが「芝の上は低い状態が保たれて」いるようです。対岸の柏ふるさと公園の一部を測定しましたが園内はほぼ0.1μSv/h以下(50cm)のでした。
下写真は公園側から見た右岸。当日は連休初日で家族連れや釣り人が多数来園していました。
2541.jpg
徹底した除染工事が実施された大堀川中流域に比較すると、下流域は自然護岸の植生が保存されており土手にも柵などはなく階段から水辺まで降りれるほか釣人?による踏跡が多数ありますが河川敷を連続して歩行できる通路はありません。

河川敷の樹木も伐採されるなど徹底した除染が行われた大堀川中流域
S1866.jpg
立入り制限の柵(大堀川中流域)
1878.jpg
千葉県土木事務所による看板(大堀川中流域)
1875.jpg

今回調査した下流域左岸(東側)の土手道はほぼ0.2μSv/h以下(50cm)ですが、水辺まで降りると0.2~0.3μSv/hに上昇します。
ohhorigawa3.jpg
対照的に右岸(西側)では土手上でも0.2~0.3μSv/hの範囲が連続し最高値は0.59μSv/hのポイントが検出されたほか、水辺の線量も左岸より高めです。(下画像の上が左岸、下が右岸)
ohhorigawa4.jpg
右岸側の水辺に降りる階段(多くは草に埋もれてあまり利用されていないように見えます)
2542.jpg
0.5μSv/h(50cm)オーバーの草付きの土手道
2543.jpg
上写真箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:2.27μSv/h 50cm:0.59μSv/h
S20140426_113114.jpg
当該箇所については水辺より土手上の線量が高いなど、「下から吹き上がった」とは考えにくく、左岸(住宅地)に対して右岸は体育館、病院、大型商業施設に隣接しておりアスファルト面を通じた雨水による濃縮の可能性の方が高いように思います。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/681-0c32ea12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。