子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(4)阿見町総合運動公園の詳細

HSFによる阿見町総合運動公園の測定ポイントの内0.3~0.5μSv/h(50cm)のマイクロスポットについての詳細をまとめました。
測定条件や全体データーについては前回記事をご参照下さい。
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(3)阿見町阿見総合運動公園

ami_MS.jpg
以下は上図で番号で示した位置での5cm高さでのデーダーの一覧です。

①東側-植栽わきの土溜まり

7022.jpg
上写真箇所 5cm 0.654μSv/h  50cm 0.361μSv/h 
20140314_065608.jpg

②西側-ふれあいの森キャンプ場炊事場

7029.jpg
上写真箇所 5cm 0.550μSv/h  50cm 0.429μSv/h
20140314_092328.jpg

③西側-ふれあいの森 歩道-1
 7031.jpg
上写真箇所 5cm 0.479μSv/h   
20140314_093447.jpg

④西側-ふれあいの森 歩道-2
7033.jpg
上写真箇所 5cm 0.862μSv/h  50cm 0.572μSv/h
20140314_094326.jpg

⑤西側 ふれあいの森 歩道-3
7036.jpg  
上写真箇所 5cm 0.375μSv/h 50cm 0.281μSv/h
20140314_095949.jpg

⑥西側-駐車場隣広場
7038.jpg
上写真箇所 5cm 0.394μSv/h  50cm 0.251μSv/h
20140314_101309.jpg
7番は公園外歩道でデーターは省略しますが、いずれも植栽、林床の表土が雨水で流出し人工物との境界で放射性降下物が濃縮した事が原因と推定されますが、一定の「厚みと広がり」を持つため周辺線量を押し上げる要因となっている可能性があります。(こうしたマイクロスポットは雨水や乾燥(風)、人為的な撹拌に伴い拡散、移動しているかもしれません)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/666-3b1c38d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。