子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(2)美浦村「風と光の丘公園」

前回の稲敷市和田公園に引き続き稲敷郡美浦村 光と風の丘公園の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で調査しました。
画像ファイルは方位を傾斜させてあるので左側が北西方向になります。

HSFによる稲敷郡美浦村光と風の丘公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
美浦村光と風の丘

GoogleEarth用kmzファイルは以下のリンクからダウンロードできます。
2014年03月12日_美浦村光と風の丘公園.kml

周辺の走行サーベイ結果については以下のGFT版のページで御覧下さい。
HSF車載測定マップ(暫定版) 千葉・茨城南部

HSFによる稲敷郡美浦村光と風の丘公園の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図で美浦村光と風の丘公園の放射線量マップを見る

光と風の丘公園は野球、サッカー、ゲートボール、キャンプ場(山林)、多目的広場などを有する広大な総合公園です。
7005.jpg
下図は放射線量等分布拡大サイト(航空モニタリング)から拾った画像に和田公園(右矢印)、光と風の丘公園(左矢印)を表示したものですが、ベースラインの違いが判ります。
JMC_radmap.jpg
表土を入れ替えた?サッカー場は0.1他は0.14~0.15μSv/h(50cm)が平均的なレベルですが、山林に入ると0.3~0.4μSv/h(50cm)と局所的に上昇する箇所が点在しています。
S20140312_135306.jpg
地形や堆積物の有無などを見ても周囲と異なる特徴はなく非常に不可解です。
気になったのは山林内に見られる野焼きの跡ですが、灰に検出器を近づけても有意に変化するレベルではありませんでした。
7012.jpg
あくまで推定ですが、継続的に剪定枝、落ち葉の園内処分(焼却)が行われていたとすれば影響は皆無とは言えないかもしれません。
「野焼き」は条例等で禁止されていますが、当然?例外があります。

3 公益上若しくは社会の習慣上やむを得ないもの又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微であるものとして政令で定めるもの
(1)国又は地方公共団体でその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

7014a.jpg
あと下写真のように野焼きの周辺にはバーナー(空ボンベ)が放置されていて、誰が捨てたのか知りませんがあまり褒められた話ではないと思います。
7011.jpg


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/664-96c9c98c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。