子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる我孫子市・柏市4公園の放射線量マップ(3)

3月28日追記:我孫子市放射能対策室様より「いずみ処理場周辺の堆積物は数値を確認の上撤去した」とメールでご連絡頂きました。迅速に対応いただきありがとうございました。

我孫子・柏4公園関連の最後です。
4)岡発戸市民の森(我孫子市)
HSFによる岡発戸市民の森の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
市民の森
HSFによる岡発戸市民の森の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図でHSFによる岡発戸市民の森公園の放射線量マップを見る

岡発戸市民の森は近隣の高野山桃山公園とは異なり、自然林を環境保存のため行政が最低限の管理を行っている「市民の森」です。道幅も狭く駐車場などもないため近隣の住民の方以外の利用者も少ないようで厳密には公園の範疇ではありません。(そのためか我孫子市HPの線量、除染情報にも見当たりませんでした)
430016.jpg
逆に言えば人為的な撹拌が少なく3年前の状況が保存されているとも言えます。線量の平均値は周囲より高めですが、事故前の自然放射能レベルを無視すれば3年前は現在の倍程度の線量だったと推定できます。
市民の森スペクトル

5)車載走行サーベイ時の我孫子市泉交差点付近のデーターについて
2月23日に4公園の測定と同時にHSFによる車載測定を行いましたが我孫子市泉交差点(天王台駅西側)で0.2μSv/hを超えるポイントが検出されました。
天王台周辺
同箇所についてSonntag-Fujikawaさんにほぼリアルタイムで確認していただきました。改めてお礼いたします。

当方でも通常5秒集約のデーターを1秒毎でマップを再構成して比較してみました。
下図左:1秒間隔 下図右:5秒間隔
izumi3.jpg  
やはり交差点北西から高架下までの範囲で線量が上昇し、高架下でもGPSは側位して(精度はともかく)データーを記録している様です。
時間があいてしまいましたが確認のため3月3日に現地で歩行測定を行いました。
東南(コンビニ側)から見た泉交差点
CIMG1886.jpg
下図は歩道とSonntag-Fujikawaさんのツイにあった「いずみ処理場」周辺を歩行測定した結果です。
izumi4.jpg
当初西側の排水路(暗渠)の影響や、草地斜面の影響(周囲より明らかに線量は上昇しています)ではないかと推定しましたが間違いの様です。3月3日時点でも北西側歩道の車道寄りで0.2μSv/h(50cm)を超える範囲が連続していますが、車道のアスファルト片等の堆積物の大半が消失していました。
ただし、「いずみ処理場」の東側フェンス周りでは以前として路上堆積物での強い濃縮が確認されています。
CIMG1889.jpg
「いずみ処理場」入口フェンス前、場内にも堆積物が見える
CIMG1891.jpg
門扉前のアスファルト片を含む堆積物
CIMG1892.jpg
放射性セシウムが周囲から流入したのか、場内から流出したかはこれだけでは不明ですが、交差点西側での線量上昇と直接的な関係はないとしても何らかの因果関係があるかもしれません。この件については資料を添えて我孫子市役所に問い合わせてみようと思います。

最後に今回調査範囲の走行サーベイのデーターから0.13μSv/h以上(100cm)のポイントを抽出しHeatMap形式で表示してみました。
abiko_HM.jpg

〈関連記事〉
HSF(ホットスポットファインダー)による千葉県、茨城県南部の車載走行サーベイ結果(暫定版)
HSFによる我孫子市・柏市4公園の放射線量マップ(2)
HSFによる我孫子市・柏市4公園の放射線量マップ(1)
融雪後の堆積物(アスファルト片?)の放射能濃度を測定しました(千葉市中央区)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/660-252bd731
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。