子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる新鎌ヶ谷駅周辺の放射線量マップ(その1)

2月2日に鎌ヶ谷市新鎌ヶ谷駅周辺公園と市街地の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で測定しました。(全て高さ50cmでの歩行測定)測定した公園は鎌ヶ谷市制記念公園、新鎌ふれあい公園、新鎌ヶ谷二丁目公園(市役所脇)、新鎌ヶ谷四丁目公園、長谷津公園の5カ所です。
これらの公園の一部については鎌ヶ谷市による歩行測定データーがありますので併せてご参照下さい。

鎌ケ谷市公共施設等の空間放射線量マップ(GPS測定) (2月3日更新)

HSFによる新鎌ヶ谷駅周辺の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
shin-kamagaya.jpg

GoogleEarthでデーターを閲覧できる方は以下のリンクから直接kmzファイルを開いて下さい。
2014年02月02日_新鎌ヶ谷駅周辺.kmz

GoogleEarthが未インストールか描画が遅いなどの障害のある場合は(数値は直読できませんが)GoogleFusionTables版のマップを御覧下さい。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示に拡大します)

HSFによる新鎌ヶ谷駅周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図でHSFによる新鎌ヶ谷駅周辺の放射線量マップを見る

1)新鎌ふれあい公園

(画像をクリックすると拡大します)
shinkama_park.jpg

新鎌ふれあい公園は駅直近の広大な都市公園で南側の児童公園(砂場、遊具あり)以外は多目的広場(草地)になっています。
草地の中央は除染効果によるものか非常に低線量ですが周辺部(道路側)で上昇する傾向があります。
1822.jpg

児童公園(南側)のベンチ前の草地に検出器を直置きして5分間(300秒)平均値とスペクトルデーターを採取しました。
1823.jpg
下図は同箇所でのスペクトル。線量は0.155μSv/h(高さ50cmは0.132μSv/h)
shinkama-hureai_park.jpg

2)鎌ヶ谷市制記念公園
shisei-kinen_park.jpg
当日市制記念公園のテニスコートは全面改修中で野球場の外周部などについては立ち入りができないので未測定となっています。

北側入り口付近の歩道の土だまり
1813a.jpg
同箇所  5㎝ 0.582μSv/h
S20140202_110404.jpg

公園内は除染が実施されているためか、ほぼ全域が0.2μSv/h(50㎝)を下回っていましたが、野球場東側の窪地では若干線量が上昇する傾向が見受けられます。
1815.jpg

(つづく)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/653-ed85278e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。