子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

福島問題を考えるフォーラム 「福島第一原発がもたらすもの 今、そしてこれから」(2月1日)のおしらせ

福島問題を考えるフォーラム
「福島第一原発がもたらすもの 今、そしてこれから」

■スケジュール:
2014年2月1日 9時40分~11時55分  講演 
「福島被災地は今...在住子ども支援から見える課題」 吉野裕之さん 
「子ども・被災者支援法の現状と課題...被害者を見捨てない制度を」 満田夏花さん
「チェルノブイリ原発事故から見る健康被害 被曝影響は動見るか」 土谷良樹さん
「弁護士から見た福島第一原発事故における国や東電の責任」 福武公子さん
  ・11時55分~12時15分    質疑応答
  ・12時15分    終了
■参 加 費:無料     
■定  員:
    2
00名(保育はお子様お1人500円。定員10名)
    ※ 保育希望の方は1月20日(月)17時までにお申し込みください。多数の場合は抽選となります。
■申込方法:
  
お電話・FAX・メールのいずれかでお申込みください。※当日参加可。
■会   場:
   船橋市 市民文化創造館(きららホール) 
  ※千葉県船橋市本町1-3-1フェイスビル6階
  ※交通機関:東武野田線・JR船橋駅または京成本線京成船橋駅から徒歩約1~2分

主催:福島支援に向けたフォーラム実行委員会
自給エネルギーの会  生活クラブ虹の街  ちば市民放射能測定室「しらベル」   なのはな生協  生協パルシステム千葉  放射能からこどもを守ろう関東ネット

20140201福島シンポジウムチラシ.pdf


福島シンポ

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/642-4f9b6b58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。