子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる佐倉市・酒々井町4公園の放射線量測定(その1) 佐倉市七井戸公園

12月7日に酒々井町酒々井総合公園、佐倉市白銀公園、岩名運動公園、七井戸公園の4ヶ所の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で調査しましたので、順次結果を公開します。
測定条件は従来通りで
公園内歩行測定は地表50cmで連続測定、車載測定は検出器を地表100cmになるように車内に設置、車内線量×1.3(遮蔽効果の補正値)の5秒間の移動平均を車外線量として表示しています。(いずれも時定数1秒)

車載測定を含む全データーをKMZファイルにまとめましたのでGoogleEarthで閲覧する場合は以下のリンクからファイルをダウンロードしてください。

2013年12月07日_佐倉市-酒々井町4公園.kmz

1)佐倉市七井戸公園
HSFによる佐倉市七井戸公園の放射線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
七井戸公園

非GoogleEarth環境の方は以下のGFT版を拡大して御覧下さい。(全てのデーターをまとめてあります)

HSFによる佐倉市七井戸の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる佐倉市七井戸の放射線量マップを見る

佐倉市の七井戸公園は今回調査箇所のうち最も西寄りの以前調査した四街道市千代田近隣公園から約3km北上した場所にあり、住宅地の中にある調整池を兼ねた都市型公園です。
1510.jpg

七井戸公園は草地の周縁部や隣接する「立崎の森」には高さ50cmで0.13μSv/h以上(地表5cmでは0.2μSv/h程度)
の箇所が散在していますが、佐倉市による除染作業が行われた為か公園内で強い濃縮が生じている箇所は今回の調査では発見されませんでした。
立崎の森入口(下写真)
1509.jpg

草地5cmでのHSF画面キャプチャー 0.206μSv/h
SS20131207_145414.jpg

下図はGoogleFusionTables版マップのフィルター機能を使って0.13μSv/h以上のポイントを抽出してHeatMapで表示した画像です。
 七井戸公園HM
このマップから公園内より歩道の植栽部で強い濃縮が生じていることが判ります。

下写真が公園前歩道の植栽部
1512.jpg

50cmで0.3μSv/hを超えるポイントの地表5cmでは1μSv/hを超えていました。
1511.jpg

下図は上写真位置でのHSF画面キャプチャー 1.07μSv/h
S20131207_152337.jpg

程度の差はありますが同様の箇所は千葉NT、船橋市坪井近隣公園、千葉市柏台、千葉市花見川区で確認されていますが、「人工物による濃縮」という主要因は同じとしても、今回は車道側からの流入は考えられないので降下量と「歩道の幅」が強く作用している様に思います。

〈関連記事〉
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSF(ホットスポットファインダー)による船橋市坪井近隣公園の放射線量マップ
HSFによる千葉市稲毛区柏台付近の放射線量測定(1)
花見川区の「路傍の土」は1万2千ベクレル
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/632-632b7988
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。