子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉市周辺での子どもの甲状腺検診をはじめます

関東子ども健康調査支援基金と協力して甲状腺検診を行う、千葉市の運営団体「甲状腺検診ちばの会」からのお知らせです。この会は発足したばかりで、ブログもまだ準備中ですので、12月の講演会について当ブログでご紹介いたします。
           -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 原発事故の健康影響を懸念し、この11月9.10日に流山市の東葛病院を会場に市民団体が甲状腺エコー検査を実施しました。
その様子は下記の東京新聞でも報道されています。

東京新聞【千葉版】 原発事故で市民団体 甲状腺エコー検査

 記事でも書かれているように、今年9月に子どもの甲状腺エコー検査のための千葉、埼玉、茨城の市民団体によって「関東子ども健康調査支援基金」が設立されました。福島県以外の健康調査がなされない中、基金がエコー検査機器を購入し、寄付を呼びかけながら市民の力で関東地域のエコー検査を実施していくものです。

 千葉県内では東葛地域で上記のように実施が始まりましたが、千葉市周辺でも行っていきたいと考え、「甲状腺検診ちばの会」を設立することにしました。
「子どもを放射能からまもる会inちば」のスタッフも全員呼びかけ人となりました。
一人でも多くの方たちと協力し、12月に会設立のための講演会を実施し、来年から千葉市周辺でのエコー検診 をしていく予定です。現在会員、スタッフを募集していますので、ご連絡下さい。

甲状腺検診ちばの会講演会は以下のとおりです。
講師の土谷先生は11月9.10日の東葛病院での西尾先生の甲状腺検診にも立会われています。
検診講演会






 

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/623-958bca00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。