子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる犢橋公園(千葉市)、上座総合公園(佐倉市)の放射線量測定(1)

10月7日に千葉市花見川区犢橋(こてはし)公園と佐倉市上座総合公園の2ヶ所の放射線量をHSF(ホットスポットファインダー)で調査しました。また車両移動の際にHSFの車載100cmのデーターも併せて採取しました。(測定高さは歩行:50cm 車載走行:100cm ポイントの数値は全て5秒間の移動平均)
2公園の歩行・車載データーをGoogleEarth用kmzファイルにまとめましたので、以下のリンクからダウンロードしてください。

2013年10月07日_千葉-佐倉(ユーカリが丘).kmz

GoogleEarthが利用できないか充分な描画速度が得られないなど不具合がある方は以下のGoogleFusionTables版を御利用下さい。

HSFによる千葉市犢橋公園-佐倉市上座総合公園の放射線量マップGFT版)

1)犢橋公園(千葉市花見川区)

HSFによる千葉市犢橋公園の放射線マップ(画像をクリックすると拡大します)
kotehashi-park.png

HSFによる千葉市犢橋公園の放射線量マップ(GFT版)

より大きな地図でHSFによる千葉市犢橋公園の放射線量マップを見る

CIMG1077.jpg
犢橋公園は野球場、草地広場、遊具付きの児童公園の回りを樹木が取り囲むごく一般的な都市公園で、敷地内はほとんど勾配がありません。
歩行による移動測定の他、下図に示す3箇所について5,50,100cmの高さでの15秒間の平均値も測定しました。(野球場は許可がないと立ち入れないようです)
Skotehashi-avg.png  

単位 μSv/h
  場所 100cm 50cm 5cm
草地中央 0.071 0.086 0.087
草地-歩道境界 0.105 0.117 0.162
植栽歩道側 0.126 0.153 0.223

①草地広場中心 100cm 0.071μSv/h
S20131007_140914.jpg
草地の中心については2011年から NHE(富士電機)、Mr.Gamma(ClearPulse)などの線量計を使用して測定してきました。
草地中央100cm(μSv/h)
2011年9月 0.15
2012年5月 0.11
2013年10月 0.07
また、2012年5月には土壌を採取して放射能濃度を測定しています。結果は

Cs137:490 Cs134:393  Cs合計: 883Bq/kg

と花見川区内でも比較的高い値になっていますが、空間線量への寄与度の大きいCs134が半減期で減弱したことで、2年前の1/2程度に低下してます。
ただし、舗装歩道と植栽の境界(周辺部)では100cmで0.1μSv/h以上、地表5cmでは0.23μSv/hのエリアが点在しています。これは草地とは逆に2年経過して雨水による濃縮により新たに生じたと推定しています。

② 草地-歩道境界 50cm 0.117μSvh
S20131007_140138.jpg

③ 植栽歩道際  地表 5cm
CIMG1078.jpg

上記ヶ所の拡大写真 植栽(土)が舗装と面一かやや低い
CIMG1079.jpg

〈関連記事〉
HSF(ホットスポットファインダー)測定結果まとめページ
土壌調査結果まとめページ
測定データーとマップのまとめページ
花見川区2公園の土壌採取とこてはし台調整池のその後
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/601-acc5cc18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。