子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSF(ホットスポットファインダー)による八千代市2公園(市民の森)の放射線量測定結果

先日八千代市総合運動公園の調査の際に地元のママさんたちから「児童公園や市民の森を測ってほしい」とリクエストをいただきながら先延ばしになってしまいました。天候不順で予定通り調査が進んでいませんが、順次実施していくつもりです。(タブレットPCの画面が焼けつくような夏の暑さもきびしいですが)

とりあえず2公園(市民の森)についてHSF(ホットスポットファインダー)による調査を行いましたので結果を公開します。
測定高さは50cmで歩行しながら測定、記録し、いくつかのポイントについては100cm、50cm、5cmの静止データーも取得しています。

1)八千代台西市民の森
HSFによる八千代市八千代台西市民の森の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
yachiyo_20130911165444c28.jpg

2公園の測定結果を1つのGoogleEarth用kmzファイルにまとめました。下のリンクをクリックするとダウンロード出来ます。
2013年9月8日_八千代台市民の森.kmz

GoogleEarthが利用できない方は以下のGFT版マップを拡大して御覧下さい。

HSFによる八千代台西市民の森の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で八千代台西市民の森の放射線マップを見る

八千代台西市民の森は千葉市花見川区との境界に位置しています。ほとんど起伏もなく平坦な地形で伐採されたのが樹木の間隔も広く、自然林というより舗装歩道なども整備され都市公園に近い印象です。
上図を見ると線量分布には傾向があるのが判りますが、特に舗装歩道と土(林床)の境界部では一定の濃縮が生じているようです。

公園北東側舗装歩道脇(下図矢印)
S0955.jpg  

上写真箇所地上5cmの線量 0.228μSv/h
Ss_20130908_114045.jpg
同箇所の00cmは0.11μSv/h、50cmは0.123μSv/h


2)八千代台北子供の森
HSFによる八千代市八千代台北子供の森の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
yachiyokodomo.jpg

HSFによる八千代台北子供の森の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で八千代台北子供の森の放射線マップを見る

八千代台北子供の森は八千代台西市民の森から2km程度北上した位置にありますが、上図の北(上)方向に向かった下り勾配で自然の地形そのままで自然林の面影をより濃く残しています。「子供の森」の名前通り中央部にはアスレチック遊具等が設置されています。
上図で見ると相対的に線量の高い箇所は北西隅部の下り勾配の下部、八千代台西市民の森と同様に舗装歩道に沿っているほか、林床の落ち葉の堆積している箇所にランダムに存在しています。全体的な「ベースライン」は八千代西市民の森より高い様に思います。

南西角 入口付近の看板
0958.jpg

同上看板付近の地上5cm 0.199μSv/h
Ss_20130908_125620.jpg

北側通路ベンチ脇 100cm 0.126μSv/h
Ss_20130908_124440.jpg
中央部の遊具付近は人の立ち入りが多く裸地になっている(落ち葉がほとんどない)為か、線量はそれほどではありませんが、上記のように部分的に落ち葉の堆積があると局所的に上昇する様です。

今回調査した範囲ではベースラインは千葉市の平均と比較すると高い印象ですが以前八千代総合運動公園であったような人工物が介在した強い濃縮は見当たりませんでした。

〈関連記事〉
HSF(ホットスポットファインダー)まとめページ
HSF(ホットスポットファインダー)による八千代市3公園測定結果(1)
HSF(ホットスポットファインダー)による八千代市3公園測定結果(1)

HSF(ホットスポットファインダー)による八千代市3公園測定結果(2)
「脱原発八千代ネットワーク定例会」に参加しました

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/588-e082d6ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。