子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSF(ホットスポットファインダー)による打瀬第二公園(千葉市美浜区)の測定結果

東葛から千葉市内まで精力的に測定して「測ってガイガー」に投稿されているSonntag-Fujikawaさんからのリクエストで、朝一で打瀬第二公園をHSFで測定しました。
HSFによる打瀬第二公園(千葉市美浜区)の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
utase2.jpg

GoogleEarth用kmzファイルか以下のリンクからお願いします。(測定高さは50cm)

2013年9月2日_打瀬第二公園.kmz

上図の赤丸、黄丸(下写真)の箇所が今回の調査で判明したマイクロスポットです。
打瀬第二公園は左下の芝地を除きほぼ前面が敷石で覆われ、植栽とベンチ部分だけが裸地になっています。典型的な都市型濃縮ですが、こうしたロケーションだと漠然と園内を歩きまわってもあまり意味が無いかもしれません。
0951.jpg

上記箇所での測定結果 地表5cm 0.45μSv/h
0953.jpg

今回の調査箇所は比較的狭い範囲で周辺が高層住宅という条件のためかGPSの測位精度が悪く苦労しました。(元々GPSで狭い範囲を蛇行するような測位は苦手なのかもしれません。)
マップ作成のため植栽をトレースするようにほぼ直線で歩行していますが、それでもかなり位置情報を修正している点はご了解ください。下はGoogleMapで結果をまとめたものですが、それでも芝地や駐車場との境界より植栽のある周辺部の線量が高い傾向はわかると思います。

GoogleMap版「打瀬第二公園(千葉市美浜区)の放射線量マップ」

より大きな地図で HSFによる打瀬第二公園線量マップ を表示

下図は静止して15秒間の平均値を測定した部位を示しています。左下から1~4で②が0.3μSv/h(5cm)、③が0.45μSv/h(5cm)のマイクロスポットです。(最後は手書きメモと写真が頼りです)
utase3.jpg

各ポイント、高さごとの測定値は以下の通りです。(単位はμSv/h)
  100cm  50cm  5cm 
1 0.060 0.060 0.070
2 0.163 0.177 0.345
3 0.145 0.175 0.445
4 -  0.160 0.200

今回くらいのスポットだとピンポイントで真上を通らないと高さ50cmの連続歩行で発見するのは難しそうです。

〈関連記事〉
HSF(ホットスポットファインダー)による車載測定実験(その1 千葉市美浜区)
稲毛海浜公園(千葉市美浜区)放射線量の昨年との比較
美浜区2公園の土壌調査結果
美浜区2公園の土壌採取をおこないました
美浜区で土壌採取を行いました
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/585-2f970912
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。