子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSF(ホットスポットファインダー)による京都清水寺周辺の放射線量マップ

8月31日は宇都宮泰氏のワークショップに参加する予定で大阪にうかがう予定でしたが、ついで(というと何ですが)以前から気にかかっていた清水寺周辺の放射線量とスペクトルを確認するために京都で途中下車しました。
測定高さは1m、データー採取は全て歩行によるものです。

HSFによる清水寺周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。

KiyomizuTemple2.jpg

GoogleEarth用のkmzファイルは以下のリンクからダウンロード出来ます。

2013年8月31日_京都清水寺.kmz

googleEarthが利用できない方は以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧ください。

HSFによる京都清水寺周辺の放射線量マップ(GFT版)

より大きい地図でHSFによる京都清水寺周辺の放射線量マップを見る

下の写真はマップの東側-0.1μSv/h超えが連続する石段付近です。この左手奥が成就院(清水の舞台)になります。
0921.jpg

この時点で花崗岩(自然核種)の影響だろうと見当はつきましたが、境内の敷石部分(三重塔付近)もそれなりの数値です。
0931.jpg

同上箇所でのHSFの画面ダンプ、関東ではおなじみのセシウムのピークが見当たりません。
S20130831_105349.jpg

逆に成就院(舞台)は0.02~0.03μSv/hと非常に低線量で、理由は単純に「地表から離れているから」だと思います。
0927.jpg

上記箇所(成就院)でのHSF画面ダンプ、さすがに「線香の煙で線量上昇」ということもありません。
S20130831_104244.jpg  

最後に鴨川の河原付近でポイントの平均を取りました。
0933.jpg

草地(5cm)で0.078μSv/h、1mでは0.063μSv/h
0935.jpg

同箇所のHSF画面ダンプ
S20130831_113100.jpg

清水寺の一部の0.1μSv/h超えは自然核種の影響と思いますが、周辺の道路など全体にバックグランドが高いように見えます。関東(千葉市)での例では0.05~0.06μSv/hという低線量地域でも明瞭に放射性セシウムのピークが確認できます。

ホットスポットファインダーによる千葉市周辺の放射線量測定結果(3)


京都の場合はスペクトル上のピークが判然とせず全体が(散乱線で)持ち上がるという傾向の様です。非常に興味深いのですが、午後からのワークショップに遅れてしまいますので早々に京阪電車で大阪に移動しました。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/583-0a786fc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。