子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSF(ホットスポットファインダー)Ver3.0がリリースされました

HSF(ホットスポットファインダー)のソフトウェアが更新されVersion3.0になりました。
まだ全部の機能は理解しているわけではありませんが、その一部について簡単に紹介したいと思います。
以前のVersionについてはHSFまとめページをご参照下さい。

1)SnapShot機能の追加
従来のエリアレコーダーのバリエーションとして外付のUSB-Webカメラで撮影した画像に「平均値モード」で計測した線量率、日付、時間などの基本データーが自動的に加えられるほか、ユーザーがキャプションを入力して保存できるようになりました。
Ss_20130709_134136.jpg

基本データーは改竄防止の為画像として埋め込まれるので後から編集することは出来ません。PCで可読、処理可能な電子データーは別途にcsvとして保存されますが、画像ファイルへのEXIF情報の埋め込みは未実装です。

余談ですが(写真入りのGoogleMapで作成する為に)画像にGeoTagを埋め込みたいならGoogleアプリ(Picasa3+GoogleEarth)を使用する方法しか思いつきません。(詳しい方のフォローを期待します)
GE.jpg

キャプション入力ですが「ソフトウェアキーボードが苦手」「作業中に入力は面倒」という方のために使用頻度の高い文字列がプリセットされクリックして選択するだけになっています。
キャプチャe

キャプションは測定後デスクワークで入力、編集することも可能です。
キャプチャd

2)画面キャプチャー機能の追加

タブレットPCの反射型液晶での写真撮影には苦労しますが、画面のハードコピーを取るにはWindows付属の「SnippingTool」など外部ツールを利用するしかありませんでした。
Ver3.0では自前のキャプチャーツールが内蔵され、画面左上のカメラアイコンをクリックするだけでプリビュー画像が表示され、 20130731_162501.jpg の様な年月日_時分秒と言った命名規則の画像ファイルが「マイピクチャ→[日付]フォルダに保存されます。

20130731_115551.jpg

キャプチャーツールは任意のタイミングで使用出来ますが、あくまで画面ダンプなので「平均値モード」の様に対応する電子データー(線量率、時間、緯度経度)は保存されません。そういう意味でSnapShotと意味合いが異なるのでうまく使いわける必要があります。

3)車載測定用補正係数入力のサポート

HSFを乗用車に搭載して広域マップを作成する場合、車体による遮蔽効果により車内、車外の線量は異なります。
補正係数については実際に車種や検出器の位置などにより異なるためユーザーサイドで実測しなければなりません。
ST.jpg
上のマップは補正なしのデーターですがカローラクラスの実測値では車内線量の1.2~1.3倍が車外線量になるようです。

KURAMAを用いた走行サーベイデータの解析

これまではcsvファイルやkmlファイルをExcelで開いて線量補正を行なっていましたが、Version3.0では「マップ作成」の際に入力出来るようになりました。
元のデーターは触らず生成するマップごとに補正の有無や数値を選択することができます。
キャプチャdd

その他表示モード(3データー同時)やAreaRecorder、SnapShotへの切り替えが「測定モード」を終了せず「設定」メニューから選択できるなどソフトウエアの統合が進んでいます。
キャプチャa

今回のVersionUpは基本性能に係るものではありませんが、より使い勝手が良くなり、ソフトウエアとしても非常に洗練されたものになっていると思います。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/573-10019f4a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。