子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFユーザーの為のGoogleFusionTables入門(もどき)

HSF(ホットスポットファインダー)はGPSのデーターと線量データ-を結合し簡単にマップを作成出来ますが、Web上でGoogleEarthを使用してマップを公開するにはいくつか難点があります。(閲覧者がソフトをインストールしなくてはならない、古いPCでは実用的な描画速度が得られないなど)
GoogleMapを利用して公開しようとすると「一度に表示できるポイントが200まで」という制限があり広域マップでは尻切れになってしまします。(KMLファイルをDropBoxの共有フォルダーなど外部からアクセス可能なサーバーに置いてその都度呼び出す方法もありますがあまりスマートとはいえません)

GFT(GoogleFusionTables)の利点は
GoogleMapの様に200ポイント以上は一度に表示出来ないなどの制限がなく大量のデーターを取り扱える(12万9千行のデーターの読み込みと表示が可能であることは確認)
GoogleEarthなどソフトのインストールする必要がなくWebを見られる環境なら誰でもマップの閲覧が可能
あと「つくる側」としてはメニューを選択していくだけで基本的にプログラムレスでマップを作成出来るというメリット?があります。大変奥が深いソフトですがとりあえず「線量率データーとGPSデーターからマップを作成」に絞って簡単に説明します。

1)新しいテーブルを作成する
FusionTablesのスタートページから「作成する」をクリック、または既存テーブルの「file」タブのプルダウンメニューから 「NewTable」をクリックします。
FT1S.jpg

2)データーのアップロード

HSFが吐くkmlファイルの場合はそのままGFTにUploadしてマップを生成出来ますが、他のソフトや機器が生成するkmlはうまくいかない場合があります。その場合はkmlに加工する前のタブ区切りテキスト、csvファイルを使用しますがkmlの時より手順が増えます。
FT3S.jpg
アップロードするファイル名を指定した後
・デリミタ(区切り文字)を指定します。カンマ、タブ、コロンなどが選択出来ます。
・文字コードは「AutoDetect」「Shift-Jis」も指定出来ますが、自動認識に失敗して文字化けする場合もあるので可能ならUTF-8にコンバートしておくか日本語を使用しない方が無難です。(文字コード変換をサポートしているEditorやフリーソフトが多数ありますので略)
FT4S.jpg
「Next」をクリックすると上のpreview画面が表示されます。文字化けしていたりデーター構造が正しくないときは「Back」をクリックしてやり直します。(最初の行はコラム(列)の名前で変数として使用されるので省略することはできません)
問題なければ「Finish」でUploadします。

3)マップの生成
データーが正常にUploadされると行(row)、列(colum)の表計算形式のデーターテーブル)が出来ます。

FT00.jpg
「Edit」をクリックしてプルダウンメニューから「Chang columns」をクリックします。

FT7S.jpg
kmlをUploadした場合Location(緯度、経度)情報は自動認識されますが、タブ区切りテキストやCSVファイルの場合columnの属性や表示形式を指定しなければなりません。(逆に言えばどんな配列のデーターでも読み込んでインタラクティブに操作できるということですが...日時はおおむね自動認識されます)
七色プロットツール用のタブ区切りテキストで[latitude],[longitude]の様に緯度経度がカンマで連結されたデーターはそのコラムの属性を「Location」に変更します。
HSFの様なカンマ区切りのcsv形式の場合は上図の様に「Two column Location」にチェックを入れ緯度、経度のコラム名を指定します。
FT01.jpg  
準備ができたら赤(白プラス)タブをクリックプルダウンメニューから「Add map」をクリックします。

4)マーカー色やバルーンの表示内容を編集する

生成されるマップは放射線量率などでクラス分けされていない単色のマーカーが使用されているので必要に応じ変更します。「Map」タブにカーソルを置き↓で表示されるプルダウンメニューから「Change map style」をクリックします。
FT002.jpg

「Change map style」から「marker icons」→「Buchets」タブをクリックして「 [number ]buckets」にチェックを入れ(例えば5段階に区分けするなら「5」を選択します)「Column」で区分けに使用する配列(コラム)を指定します。
「use this range」をクリックすると境界値が「 [number ]buckets」指定したクラスに自動設定されますが、手動で指定することも出来ます。マーカーの色も同様にカスタマイズすることが出来ます。(GoogleMapに比べてマーカーの種類が少ないのが難点です)
FT70.jpg

「Save」をクリックすると色分けされたマップが再描画されます。
FT71.jpg

さらにマーカーをクリックすると表示されるバルーン(Info Window)の表示を変更するには、同じくMapタブのプルダウンメニューから「Change info window layout」をクリックします。
FT73.jpg
チェックを入れたり外したりすることで表示項目を選べます。「Custom」タブをクリックするとHTMLを直接編集できるようになりフォントや色の指定、画像の読み込みなど高度なカスタマイズが可能になります。
FT74.jpg
最終的にはこんな表示に。

最後に右上の「Share」をクリックして「共有設定」を行います。GoogleMapは「一般公開」がデフォルトになっていますがGFTは限定公開がデフォルトなので、設定を変更しないと自分以外は見れません。(逆にアクセス制限を掛けることもできますが)
 
〈関連情報〉
KURAMAⅡによる福島県内走行サーベイ(GFT版) (12万9千行のデーターテーブル、それなりに重いので注意)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/559-952c2dc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。