子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

山の放射線をはかる 軽井沢分水嶺ハイク

(1) 分水嶺放射能ハイク

げんごろう工房(山梨県北杜市)の田中さんが桂川先生(東邦大名誉教授)の協力を得て八ヶ岳周辺の山の放射線を測定しておられる事は以前の記事「山の放射線をはかる」で紹介しましが、その後調査範囲を広げて長野-群馬県境を連続して調査される計画があるとうかがいました。
第1回目である4月5日の「放射能分水嶺ハイク」には地元の登山愛好者の方に加えSWRの山口さん太陽エンジニアリングの早川さん加わりHSF(ホットスポットファインダー)による計測をサポートするという強力な布陣で実施されました。
快諾していただきましたので当日の結果についてHSFによるマップを公開します。

ホットスポットファインダーによる線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
軽井沢

GoogleFusionTables版 軽井沢分水嶺放射線調査ハイク

〈大きい地図で軽井沢分水嶺放射線調査ハイクを見る〉

測定条件は高さ1mでの連続歩行です。GoogleEarth用KMZファイルは以下のURL(リンク)からダウンロードできます。
20130405-06-軽井沢.kmz


GPSによる位置確認(写真左端 桂川先生)
P1010663.jpg
もともと地元の方もあまり入らず踏み跡もない山ですが、当日は関東地方も大荒れの天候で全く視界が効かない霧の中をGPS駆使して分水嶺をトレースされたそうです。地形図を見ると軽井沢側は比較的なだらかな斜面ですが、群馬県側は鋭く切れ落ちているので低山とはいえ田中さんの様な熟達者が先導しないと危険な場所です。
矢ケ崎山山頂 1184m
P1010660.jpg
稜線(分水嶺)では今なお0.2μSv/h(1m)を超える範囲が存在していることから、2011年3月にかなりの量の放射性降下物が沈着したと推定されます。(山林-林床のセシウムは土壌、有機物と一緒に雨水で少しづつ削り取られて行きますが、都市部と比較するとはるかに動き難く当時の状況を保存していると思います。)

2013年4月-6月軽井沢分水嶺放射線調査ハイク(GFT版)

大きい地図で2013年4月-6月軽井沢分水嶺マップを見る

以下は個人的な見解だとお断りしておきますが、高度が下がると線量が急激に低下するから「放射性プルームが1000m程度の高度で移動し県境の尾根(分水嶺)でこそげ取られるように沈着した」という仮説が成り立ちます。
(2011年3月の尾根は冠雪しており、雨雪による沈着であれはこれほど強い線状のコントラストは得られない気がします。)
いずれにしろこうした調査が福一からの放射性物質の放出時期や汚染ルートに解明に有効であるとともに将来の環境影響を推し量るのに非常に重要だと思います。

分水嶺ハイクはあと5回程度予定されているそうですが、かなりハードな山行なのでで初心者としては躊躇しますが足腰を鍛えて?是非一度は参加してみたいと思います。
ちば市民測定室しらベルの7月の学習会では桂川先生をお招きして軽井沢の調査活動についてもお話ししていただく予定です。興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。

しらベル学習会
桂川秀嗣先生を囲んでお話をうかがいます。
内容 福島の子どもたちの状況-放射線被ばくの視点から」
   トピックス;軽井沢周辺の山の空間線量について
講師 桂川秀嗣先生(核分光学 理学博士)
日時 7月12日(金) 午後2時から4時
場所 しらベル事務所(千葉市中央区中央3-13-17)
参加費 100円


(2) しなの・ぷっちょさんによる軽井沢放射線量測定

軽井沢在住?の@shinanopuccho さんが長野、新潟の放射線量を測定してTwitterで発信されています。
過去のデーターは しなの・ぷっちょさんツイログ から参照できます。
1m空間放射線量は分水嶺に比較すると低いものの市街地では土地利用形態の差から相当の濃縮が発生しているようで驚かされます。 
Sp.jpg
しなの・ぷっちょさんによる「新潟中越(十日町、魚沼)の雨樋・雨落ちの線量」マップ

より大きな地図で 新潟中越(十日町、魚沼)の雨樋・雨落ちの線量 を表示

印旛沼の調査記事で紹介した続研究日誌モンテカルロ」ブログでも信州での放射線量測定結果が公開されています。あわせて御覧下さい。

信州のセシウム汚染の度合い:佐久平測定の旅(御牧原など)
信州のセシウム汚染の度合い:佐久平測定の旅(平尾富士)
信州のセシウム汚染の度合い:立科への延長
信州のセシウム汚染の度合い:佐久盆地
軽井沢の放射能汚染:ついに町の測定で高線量

〈関連記事〉
山の放射線をはかる
HSFによる山梨県の放射線量測定
山梨県・北杜市の土壌調査報告会
「山梨県放射能土壌検査報告会」に参加しました。(しらベルブログ)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/548-7be180f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。