子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSF(ホットスポットファインダー)による八千代市3公園測定結果(2)

前日の続きです。

(3)村上緑地公園

村上団地に隣接する村上緑地公園は南北に細長く、団地と工業団地の間の緩衝地帯になっているようです。アスレチックなどの遊具も整備されていて調査当日は団体も含め多くの子連れの家族が訪れていました。

Z4392.jpg
背景に見えるのが上高野工業団地(amazonの倉庫?)

線量マップも南北に分割してあります。
北側
ホットスポットファインダーによる線量マップ(画像をクリックすると拡大します)
murakami_gpN.jpg

南側
murakami_gpS2.jpg
傾向としては村上中央公園と似ていますが起伏や樹木の影響か線量はまだらになっているようです。

Murakami_HS.jpg
上の図はマイクロスポットが検出された箇所で地表5cmで0.4~0.5μSv/h程度あります。

Z4399.jpg
ロケーションは舗装歩道から下がったゆるい斜面です。

z4398.jpg
移動しながら測定すると画面左のグラフから一定の面積が均一に汚染されているのではなく、高濃度土壌が点在しているのが判ります。

Z4400.jpg
実際に歩道から斜面したに向かって周囲と色の異なる土壌のかたまりが点在しています。
 
Z4401.jpg
斜面真上の歩道には側溝と雨水ますがあり、泥上げした泥土を崖下に投棄した可能性が高いと推定しています。

Z4391.jpg
駐車場入口の側溝、同様の箇所は以前調査した八千代市運動公園でも見かけました。上記の箇所ほどではありませんが地表5cmで0.2~0.25μSv/h程度あります。


2013年4月28日_八千代市3公園.kmz

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/533-5d59ff8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。