子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

ロシア製2.5インチCsIγ線検出器(その6)

しらベルのEMF211の検出器が年に1度の校正作業に入った機会を利用して50mm鉛遮蔽体にロシア製CsI(Tl)2.5インチUSBγ線検出器をセットしてベクレルモニターとしての可能性について簡単なデーター取りを行いました。
遮蔽体を利用させていただいたのは半日程度なので、ベクレル定量までは至らず、あくまでも「当たり」をつける程度の実験であることはご了解下さい。

TG4266.jpgTG4282.jpg

EMF211の鉛遮蔽体にセットした検出器(左上) USB(typeB) コネクターは変換アダプタで曲げないと収まりません。
最初に7200秒(2時間)バックグラウンドを採取しました。(下図) 自宅の簡易遮蔽体でのデーターと比較すると、さすがにバックグラウンド計数は1/5~1/7に低下しています。(グロス計数率23.2cps 隙間だらけなので下からのγ線を遮蔽すればさらに下がりそう )
06.png

Cs137標準線源のスペクトル(下図) 低エネルギー側の分解能が向上しています。(グロス計数率387.7cps)
01.png

塩化カリウム(K40)のスペクトル(下図)(グロス計数率66.6cps) EMF211よりPMTのカリウムは少なそう?)
02.png

以下試料の測定結果ですがバックグランド採取に2時間かけたお陰で各試料600秒(10分)程度しか取れませんでした。ただいくら個人レベルといっても綺麗なスペクトルがとれるまで8時間もかかるようでは実用性が薄いので、これも実力の内と考えることにしました。

350mlポリ容器に充填した230Bq/kgの千葉市内の土壌 600秒(下図) (グロス計数率31.6cps)
07.png
 
同じく350mlポリ容器に充填した665Bq/kgの千葉市内の土壌 600秒(下図)  (グロス計数率37.9cps)
03.png


TGG4268.jpgTG4280.jpg

最後に右上写真の様に3インチ用マリネリ容器ではすきまが大きく計数効率では不利ですが、山形県理化学分析センターに依頼しGe半導体検出器で38Bq/kg(セシウム合計)と定量していただいた2011年千葉市産玄米を1L マリネリ容器に充填(871g)して測定しました。(この検体のみ1000秒 約15分測定しています グロス計数率25.8cps)
05.png  

この結果から、
・物量を投入して遮蔽を行えば「下限値セシウム合計25Bq/kg以下」という厚労省スクリーニング規準はクリア出来そう
条件として
・測定時間は1Lマリネリ容器使用で15分程度
・2.5インチシンチレーターの感度に見合うには50mm程度の鉛遮蔽が必要

遮蔽ですが下写真右の鉛ブロック(10cm×20cm×5cm)が少なくとも16,7個必要で、金額もさることながら重量は180kgを超えそうです。
namari.jpg

関連記事

Comment

Sovtube + ThereminoMCA
はじめまして

私もロシア製の測定機を幾つか購入してテスト/使用中で、こちらの情報を見つけて私のページでリンクさせて頂いています。
http://pico.dreamhosters.com/SovtubeDetector.html
色々と大変参考になる情報、ありがとうございます。

また、現在ThereminoMCAのヘルプの日本語訳や、プログラムの改造、拡張も行っており、スペクトルサーベイに使えそうな機能(自動定期保存機能と保存したスペクトルの閲覧昨日)なども、実験版ながら既に入っていますし、他にも、追加したいと思っています。
まだ、実験版の為、不具合もあるかと思いますが、よろしければ、お試し下さい。
http://pico.dreamhosters.com/ThereminoMca.html

ちなみに自動定期保存機能では、複数のフォーマット(現在、テレミノ形式と、Kromek Gr-1やポリマスターPM1703MO-1A/Bなどで使われるSPE形式)とスペクトル画像も保存できますし、定期保存後にコマンド/プログラムを起動することもできる様になっているので、データの加工や転送も好きなようにできます。
http://pico.dreamhosters.com/ThereminoMcaAutosaveHelpJa.html

保存した(大量の)スペクトルを見る為の機能も、基本部分ができて、その拡張作業中です。
http://pico.dreamhosters.com/ThereminoMcaBrowseSpectrumHelpJa.html

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/520-7fe018bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。