子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

「ママの集い」の陳情が1本採択されました

以前の記事で紹介した「放射能が気になるママの集いin千葉市」のママさんたちが千葉市議会に対し提出した陳情2本の内、土壌採取の1本が採択されました。
陳情を提出したママさんからは「給食についての陳情は残念でしたが、 市から小麦製品の測定を検討する旨の返答がいただけたり 回答から給食に出される魚は加工品が多いという事実がわかったり今後につながる形になったと思います」という感想がありました。

陳情内容を以下に再掲します。

1,学校・保育所の給食食材の放射性物質検査において、放射性物質が検出されやすい品目・産地の食材を重点的に検査するよう求める陳情書

陳情書1本文(GoogleDocument)

2,保育園、学校、公園等子ども達が過ごす公共施設について、保護者や市民団体が自費での土壌の放射能濃度測定を求めた場合、以 前のとおり、土壌採取の許可することを求める陳情書

陳情書2本文(GoogleDocument)


環境経済員会における千葉市の説明

地表1mで周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い事が千葉市の規準
土壌については基準がないことや放医研からも危険はないとの助言がある
市民団体がHPにアップしているが、市の公式デー タであるとの誤解が生じる可能性がある
などから、H24年9月に関係部局で対応を協議し、土壌採取を認めないこととした。


これに対して各議員の方から

親の心配はもっとも、安全が確認できれば安心できる、
採取を止めるほうが問題、不安に答えるのは行政の役割


など市の対応を批判する意見が多く賛成多数で採決されました。

元々「市民団体」=まもる会in千葉は千葉市の関係部局に申請し許諾を受けて土壌を採取、測定し、測定した土壌はすべてまもる会が採取場所または千葉市担当部局に返却しています。調査はすべてカンパと市民活動助成金で賄われ公金は一切支出されていないにもかかわらず、認めていた採取を途中から禁止するのは行政の裁量権の乱用で元々無理筋の話ではないかと思います。

ただし「誤解が生 じる可能性がある」というご意見ですが、「ほんのわずかな可能性でもリスクは取りたくない」という千葉市のお考えには同意しませんが他人の意志は尊重しますので公開データーには但し書きを追記しました。
※千葉市より「誤解を招くので表記を改めて欲しい」などの要請はこれまで一切ありませんでしたので追記しておきます。

まもる会による千葉市内土壌調査結果一覧

まもる会による千葉市立小中学校土壌調査結果一覧

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/510-da795a9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。