子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

年末大掃除の掃除機紙パックごみを測定しました

年末の自宅(千葉市花見川区)の大掃除に使用した掃除機のゴミを紙パックごとしらベルのEMF211スペクトロメーターで測定してみました。
3731.jpg 3734.jpg
左は回収した紙パック 厚紙をハサミで切り落として350mlポリ容器に詰めました。

放射能濃度の定量は「規準容器に均一な材料が規定値分の容積が充填されている」ことを前提にして換算係数を用いて時間当たりに検知したγ線の数(cps)からBq量を求めます。
なので、「掃除機のゴミ」のような低密度の検体は詰め方一つでどうにでもなってしまいます。(王道は灰化してゲルマで測定、または灰を非汚染の媒質(寒天など)に均一に懸濁させて定量することですが...実験室の様な管理された場所のない個人ではハードルが高いです)

得られた数値はあくまで「その状態で測定したらナンボ」ということですが、精度より微細な塵埃が飛び散らないように量の調整などはせず、そのままの形で容器に詰め込みました。

3736.jpg

結果は...2000Bq/kg超でした。

 Cs137Cs134Cs合計K40134/137比
EMF211127074820186160.59
CsI検出器1348845219310550.63

大掃除なので普段掃除機をかけないタンスや本棚の裏のホコリを吸い取ったのが効いているのかもしれません。仮にこの数値を正としても試料重量は120g弱なので紙パック全体で240Bq程度になります。

ついでというか、ロシア製2.5インチCsI検出器で同じ紙パックをベクモニ0.99βを使用して測定、定量した結果を上げておきます。全体にEMF211と比較して過大評価?(K40 は倍)ですがこの程度の放射能濃度なら土壌試料で簡易的に校正した換算値でもそれなりの精度が得られる事が判りました。

ベクモニ+ロシア製2.5インチCsI検出器による測定結果
HouseDust.jpg

スペクトルを見るとバックグランドにCS134,137のピークが見て取れます。25mmの鉛粒簡易遮蔽体ではCsI検出器の感度に比べて役不足だというのがはっきり判ります。測定下限値を下げ、精度を上げるにはマトモな遮蔽体が必要ですが、ゆうに100Kgを超えてしまうので思案します。(それ以前に「そんな環境で生活しているのはどうよ!」というツッコミが入るかもしれませんが)
関連記事

Comment

測定に使った機種
こんにちは。
測定に使った機種名と
買った金額を教えてもらえませんか。
2013.01.29 07:08 | URL | ふはは #/.OuxNPQ [edit]
Re: 測定に使った機種
お問い合わせありがとうございます。

> 測定に使った機種名と
> 買った金額を教えてもらえませんか。

EMFジャパンのEMF211スペクトロメーターで価格は350万(当時)です。
http://www.emf-japan.com/emf/emf1/emf211.html
記事にも追記しておきました。
データーを比較したロシア製CsIγ線検出器は10万弱です
2013.01.29 07:19 | URL | プロチル311 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/486-8f1016cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。