子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

八千代市萱田第1緑地の放射線量と「路傍の土」

先日の八千代市2公園の調査結果をご覧になった方から要請があり11月28日に八千代中央駅前の萱田第1緑地付近の放射線量を測定しました。

(1)緑地内の放射線量
萱田第一緑地(水神広場)は地形を利用した斜面の自然林と下部の細長い広場で構成されています。
3321.jpg 3320.jpg
広場の概観             広場高さ1m 0.09μSv/h

整地された広場の表面は公園仕様?の砂で覆われ空間線量は1m、5cmとも0.09μSv/h程度と低めですが、植え込みに近づくほど線量が上がる(1mで0.12~0.14μSv/h)傾向にあります。

3327.jpg 3330.jpg
公園内雨水枡わき 5cm 0.31μSv/h  斜面の枯葉 5cm 0.45μSv/h

上記の様に広場全体の放射線量はそれほど高くありませんが、足元には雨水による濃縮(雨水枡わき)と斜面下部の枯葉の上などで広場の数倍の数値の場所が確認されました。
斜面については上部に上がるほど線量が低下する傾向で高線量の部分はまだらに存在しますが、今回の調査だけでは原因がよくわかりませんでした。

(2)公園周辺の「路傍の土」
「路傍の土」は雨水により流されたセシウムが人工物と土壌の境界で高濃度に濃縮した土で、斜面や段差部の終端で発見される例が多く見受けられます。
G3324.jpg 3325.jpg
緑地南側(下部)石段下の概観     石段下 5cm 0.57μSv/h

3333.jpg 3337.jpg
緑地北側(上部)車道側溝 5cm 0.64μSv/h   同 1m 0.14μSv/h

薄く広がっていたセシウムが濃縮したので「広がり」や「厚み」がないため1m高さの空間線量を測定しても周囲とあまり変わりません。
3332.jpg 3350.jpg
緑地北側(上部)歩道 5cm 0.30μSv/h 八千代市米本 新川河川敷 5cm 0.54μSv/h

測定結果はマップにまとめました。

より大きな地図で 土壌採取箇所など2012年3月以降の空間線量 を表示

昨日は八千代市米本付近で新川(花見川の上流)の河川敷も調査しましたが雨天のため中断ししたので機会をみて再度周辺公園、緑地と一緒に調査してみたいと思います。

〈関連記事〉
八千代市2公園の放射線量を測定しました
「路傍の土」 フライヤー2版
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/470-a2fd33bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。