子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

11月の勉強会と「ママの集い」の報告

(1)11月のまもる会勉強会
お知らせしたように11月20日に Tokatsu safe project 代表 森 修治さんをお招きして東葛地区での主として民有地での除染活動の実際や行政の対応などについてスライドを交えながらお話していただきました。
3277.jpg3276.jpg
中央が講師の森さん     スライド資料(重機を使用した本格的な除染)

参加者のお一人に建設関係のお仕事をされている方がおられて、行政の発注している除染作業に多くの建設労働者が参加している事、建材や建築現場での被曝の問題についての説明があり森さんと活発な意見交換をしていただきました。

(2)第21回ママの集い
「放射能を気にするママの集い」は子育て中のママさんである後閑さんがはじめたささやかな集まりですが、昨年来20回を超え延べ参加者も数百人になりました。(途中からまもる会がブログでの告知など共催としてお手伝いするようになりました)
 
特にテーマを決めず放射能や子育ての悩みを語り合い、食材、遊び場などの情報交換を行って来ましたが、今回育休が終わり職場に復帰するママさんから「精神的に支えてもらった」というお話もありました。
そんな中でも今回は参加したママさんから、より安全な遊び場をさがして「放射能を気にする自主保育」をやりたい、土壌汚染の少ない場所で野菜を作りたいなどいろいろな提案がありました。
お子さん連れではなかなか外出、遠出もままならないと思いますが、まもる会では調査、測定活動を通じてサポートしていけたら思っています。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/465-0e22438d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。