子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

八千代市2公園の放射線量を測定しました

八千代市にお住まいの方から依頼がありご自宅と近隣の公園の放射線量を測定しました。
その方はRD1503をお持ちで自宅周辺の放射線量を測定しておられたのですが「数値を比較して妥当なものか確認したい」との要望でした。ご自宅の数値は非公開とさせていただきますが、やはりMrGammaに対して0.04~0.05μSv/h程度高めに出るようです。
八千代市には千葉、習志野のような「ママの集い」のように放射能を気にするお母さんたちが集まる機会が少なく、本音で話せる人がいないというのが悩みだとうかがいました。

3251.jpg3258.jpg
光の杜公園(中央)1m 0.075μSv/h 同 植え込み脇 5cm 0.11μSv/h

3265.jpg 3266.jpg
スポーツの杜公園(斜路下)5cm 0.34μSv/h 同じ場所の遠景

東葉高速線をはさんだ2公園を調査しましたがいずれも1m空間線量は0.1μ以下でしたが、スポーツの杜公園が若干高めです。緑が丘駅周辺は急速に開発され宅地化地域で放射性降下物の多くは雨水で流された可能性があり、「土が露出している部位ほど線量が上がる」傾向があるのかもしれません。(帰路の大和田新田歩道植え込み近くでは1m空間線量が0.12μSv/h)

今回調査した範囲ではスポーツの杜公園の出入り口(斜路下)の舗装上に堆積した土壌で0.34μSv/h(5cm)が確認されたのが最高値です。


より大きな地図で 土壌採取箇所など2012年3月以降の空間線量 を表示

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/463-45406773
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。